都立竹台高等学校の学校情報

選択科目「人権」などを通じ、高い人権意識の育成に取り組んでいる

学校所在地
荒川区東日暮里5-14-1
最寄り駅
JR山手線鶯谷駅 JR山手線・京成線日暮里・舎人ライナー日暮里駅 東京メトロ入谷駅 
電話番号
03-3891-1515
関連カテゴリ
共学 / ★★(偏差値50程度まで) / 都立 / 普通科 / 高校名「た」行 / 山手線 / 京浜東北線・根岸線 / 常磐線 / 荒川区 / 京成本線 / 都営日暮里・舎人ライナー / 日比谷線

カリキュラム - 設置学科やコース、勉強の進め方、教育の特色

三学期制

1・2年次には英語で習熟度別少人数授業を行っている。

2・3年次の家庭科や芸術の選択科目で少人数展開の授業を実施。

3年次には30を超える多彩な選択科目を用意。そのなかには日本の伝統文化に関するものや、「フランス語」「朝鮮語」「中国語」「人権」「吹奏楽」といった本校独自の科目もある。

漢字検定や英語検定に関しては、放課後に検定合格のための演習を実施している。

進路 - 大学や就職先など卒業後の進路(2017年3月)

適切な進路選択のため、実力テストや模擬テストなどを適宜実施。 また、放課後や土曜日(大学生による学習支援、月3回程度)、長期休業中には補習・講習を開催している。

進路意識調査などについては、毎学年計画的に実施している。

同窓会OBと連携したキャリア教育講座を1・3年次は各1回、2年次に6回実施している。

進路関連の主な行事>
4月 進路ガイダンス(1・2・3年)、就職者面接・講習(3年)
6月〜 キャリア教育・WCV(2年)
7月 進路適性検査(1年)
8月 会社見学(3年)
9月 進路模擬面接(3年)、鴻鵠塾進路講話(1年)
12月 進路ガイダンス(1・2年)
2月 進学者保護者会(2年)
3月 OB・OG課外授業(1年)、インターシップ(2年)

★卒業生の進路状況
<卒業生202名>
大学79名、短大9名、専門学校66名、就職17名、その他31名

★卒業生の主な合格実績
亜細亜大、桜美林大、国士舘大、駒澤大、産業能率大、大正大、拓殖大、玉川大、千葉工業大、帝京大、東海大、大東文化大、東京電機大、東京理科大、東洋大、獨協大、二松學舎大、日本大、立正大

♣指定校推薦枠のある大学・短大など♣ 
跡見学園女子大、江戸川大、川村学園女子大、杏林大、駒澤大、城西大、白百合女子大、大正大、大東文化大、拓殖大、玉川大、千葉工業大、千葉商科大、中央大、鶴見大、帝京科学大、東京成徳大、東京電機大、東京福祉大、東洋大、二松學舎大、日本大、武蔵野大、明海大、立正大 他

部活動 - 設置されている部・同好会・活動の様子

約7割が参加。

平成29年度はバトントワリング部が全日本選手権大会で最優秀賞を受賞した。

吹奏楽部は、平成28・29年度に吹奏楽コンクールで金賞を受賞、また全国吹奏楽コンクールin横浜に出場した。 平成27年度は日本管楽合奏コンテスト全国大会で優秀賞、全国ポピュラーステージ吹奏楽コンクールで優秀賞、聴衆賞を受賞した。 26年度は東京都高校吹奏楽コンクールA組で金賞(本選出場)、C組で金賞・最優秀賞を受賞した。

★設置部
バレーボール(男女)、バスケットボール(男女)、バドミントン、サッカー、軟式野球、テニス、陸上競技、剣道、柔道、弓道、合気道、ダンス、バトントワリング、演劇、吹奏楽、軽音楽、美術、華道、茶道、クッキング、写真、放送、外国文化研究、天文、文芸、水泳、卓球、合唱、パソコン、アニメ研究、新聞

行事 - 文化祭や体育祭など、生徒に人気の高い行事を紹介

5月 生徒総会、校外学習
6月 体育祭
9月 若竹祭(文化祭)
11月 生徒総会
12月 修学旅行(2年)
2月 マラソン大会(1・2年)

学校見学 - 学校の空気に触れられるチャンスを紹介(2017年度実施内容)

★授業公開 4・11月各1回
★学校説明会 10・11・12月各1回
★体験授業 7月1回
★若竹祭 9月 見学可
★個別相談会 1月2回、3月1回
★学校見学会は毎週火曜・木曜日の16時より(要連絡)

トピックス - 上記の項目の他に学校の雰囲気が伝わる話題を紹介

昭和15年、第四東京市立高等女学校として設立。25年に男女共学へ移行。まもなく創立80周年を迎える。

昭和55年度より7年間、「人権尊重教育研究推進校」に指定。以後も「人権尊重教育推進校」に指定されている(平成17年度〜)。年1回の全校人権尊重同和教育講演会や、選択科目「人権」などを通じ、高い人権意識の育成に取り組んでいる。

地域との連携でダンス部・バトントワリング部・吹奏楽部は荒川区主催の行事などに参加している。

平成33年夏、新校舎完成予定。

「東京都公立高校入試完全ガイド」から掲載内容を少しだけお届け!

その他の都立竹台高等学校情報

アクセスマップ

公式サイト

都立竹台高等学校公式サイトはこちら