都立上水高等学校の学校情報

本物に触れ、本物を知り、本物を目指す

学校所在地
武蔵村山市大南4-62-1
最寄り駅
西武線・多摩モノレール玉川上水駅 多摩モノレール桜街道駅
電話番号
042-590-4580
関連カテゴリ
共学 / ★★★(偏差値50から60程度まで) / 都立 / 普通科 / 高校名「さ」行 / 西武拝島線 / 武蔵村山市 / 多摩都市モノレール

カリキュラム - 設置学科やコース、勉強の進め方、教育の特色

二学期制

日課は1時限45分の7時限授業。

英語、国語、数学で習熟度別・少人数制授業を設定。 特に英語教育には力を入れており、英語は3年間で19時間必修としている。

ドイツ語、フランス語、韓国語、中国語の講座も設置。

単位制を生かしたカリキュラムとして、多彩な選択科目が用意されている。

選択科目を履修可能な枠は、2年次が12時間、3年次が18時間と、単位制ならではの多さ。2・3年次のどちらでも受講できる科目もある。少人数制授業も多数。

2年次には自己表現能力向上のため、「アナウンス」「朗読」「演劇」「合唱」「和楽器演奏」「武道」などの表現科目を学校設定科目として設置。全員が履習する。

国際理解教育の観点から英検合格に力を入れ、対策講座も設置。

土曜日は、小論文講座(年4回)、面接講座(年4回)、補習(3年次)を実施。

進路 - 大学や就職先など卒業後の進路(2018年3月)

「生涯を豊かに悔いなく生きる道の選択・開拓」のために、3年間の体系的で段階的な指導を実践。将来の進路選択のために、一人ひとりの希望と適性を丁寧に考えながら、全教員できめ細かく進路指導している。

<1年次>
自己理解 外国人留学生との交流/自己適性診断テスト/看護医療体験/上級学校訪問/体験ボランティア

<2年次>
自己啓発 職業・分野別ガイダンス/学部・系統別ガイダンス/ブリッジ交流会/小論文特別講座/進学費用ガイダンス

<3年次>
自己実現 小論文特別講座/多様なガイダンス/志望校決定進路ガイダンス/分野別特別講座/全校体制での模擬面接と個別指導

★卒業生の進路状況
<卒業生231名>
大学151名、短大7名、専門学校44名、就職4名、その他25名

★卒業生の主な合格実績 
東京学芸大、首都大学東京、鹿屋体育大、秋田県立美術大、青山学院大、國學院大、駒澤大、上智大、成蹊大、専修大、中央大、東京農業大、東京理科大、東洋大、日本体育大、法政大、明治大

♣指定校推薦枠のある大学・短大など♣
学習院女子大、国立音楽大、國學院大、駒澤大、成蹊大、専修大、中央大、東京農業大、東京薬科大、東洋大、日本大、武蔵大 他

部活動 - 設置されている部・同好会・活動の様子

約94%が参加。

最近の主な実績は以下のとおり。

<平成30年度>
女子バスケットボール部が関東大会予選でベスト16。また、放送部はNHK杯東京大会で総合準優勝を果たし、全国大会へ出場した。
<平成29年度>
陸上競技部女子個人が2種目で関東大会に出場、3000mで決勝進出を果たした。 剣道部も女子団体が関東大会に進出。 女子バスケットボール部はインターハイ予選で東京都ベスト8。 放送部、文芸部は全国大会に出場。さらに放送部はNHK杯東京大会8連覇。 文芸部は詩部門で関東大会に出場し、優秀賞を受賞。

★設置部
硬式野球、サッカー(男女)、バレーボール(男女)、硬式テニス(男女)、剣道、バスケットボール(男女)、バドミントン、卓球、陸上競技、ダンス、ソフトボール、水泳、吹奏楽、茶道、文芸、演劇、放送、美術、家庭科、軽音楽、写真、自然科学、マンガ・イラスト

行事 - 文化祭や体育祭など、生徒に人気の高い行事を紹介

全員参加のアメリカンサマーキャンプは国立中央青少年交流の家で実施し、生徒6〜7名にアメリカ人学生1名が付き、寝食を共にしながら英語三昧の生活を体験する(2泊3日)。

2年次には進路探索研修旅行(修学旅行)を実施。

5月 遠足
6月 合唱祭
7月 アメリカンサマーキャンプ(1年)、部活動合宿
9月 上水祭(文化祭)、体育祭
11月 スピーチコンテスト
12月 進路探索研修旅行(2年)
2月 マラソン大会(1・2年)
3月 表現発表会

学校見学 - 学校の空気に触れられるチャンスを紹介(2018年度実施内容)

★部活動体験 8月4回
★授業体験 8月1回
★学校説明会 10・12月各1回
★文化祭 9月 見学可
★学校見学は月・火・金の16時より(要電話予約)

トピックス - 上記の項目の他に学校の雰囲気が伝わる話題を紹介

単位制普通科全日制高校。 “本物に触れ、本物を知り、本物を目指す”がキャッチフレーズ。 あいさつ、国際理解教育、表現力の育成が特色。 進学と特別活動を重視する学校として、直接体験重視の行事を設定している。

広い校舎と充実した施設(自習室、図書室、プール・10コース、体育館・バスケットコート2面)。

アクティブ・ラーニング推進校、スポーツ特別強化校、文化部推進校に指定されている。

突撃取材!学校の先生に聞きました!!

入試に向けてこんな準備をしてほしい

数学に関しては、とにかく基礎計算力を磨いてほしい。計算ミスによる減点も多いので、基本の問題を最後まで解く計算力が必要になる。
また、図形問題はどのような図形がきても対応できるよう、多種多様な問題を解いてほしい。

国語に関しては、長文読解に時間を要するため、時間配分に気を付けてもらいたい。また、200字作文は最後までしっかりと書けないと点数が極端に低くなる。
4択問題や漢字の読みの問題は正答率が高いため、簡単には落とせない。

英語は過去問を何度も解き、特に最後の英作文は3パターンそれぞれしっかりと書けるよう、中学校の先生に採点してもらうなどして対策してほしい。

学校説明会のおすすめポイント

学校説明会では学校紹介の動画や、放送部による学校PR、吹奏楽部の演奏も行われる。
また、上水高校生の案内による学校見学も実施している。

いらしていただいた方々に、生徒の良い雰囲気を伝えたい。

学校のここに注目してほしい

近年は4年制大学への進学希望者が増加傾向にあり、進学実績を伸ばしている。
国際理解教育に力を入れており、1年次より英語力育成のための宿泊行事を実施するなど、生きた英語力を育成するためのカリキュラムを敷いている。
また、問題行動が少なく穏やかな校風、部活動や行事にも全力で取り組む生徒の雰囲気が特徴である。

「東京都公立高校入試完全ガイド」から掲載内容を少しだけお届け!

その他の都立上水高等学校情報

アクセスマップ

公式サイト

都立上水高等学校公式サイトはこちら