東京女子学院高等学校の学校情報

平成28年度より2コース制を開始

学校所在地
東京都練馬区関町北4-16-11
最寄り駅
西武新宿線武蔵関駅
電話番号
03-3920-5151
生徒数
98名 女子98名
特色
-自由な校風 -国際人を養成 -駅から近い
関連カテゴリ
女子校 / ★★(偏差値50程度まで) / 私立 / 普通科 / 高校名「た」行 / 練馬区 / 西武新宿線

環境 - 学校周辺の環境や校内外の施設

木の温もりに包まれて学ぶ

安全・便利な立地環境の下、木の温もりを大切にする校舎、広い土の校庭、酒井ギャラリー(校内にある小美術館)などがある。木をふんだんに使った校舎はぬくもりを感じるだけでなく、エコガラスの採用など、環境にも配慮した施設作りを行っている。

図書室、食堂、自習室のほか、全面人工芝になった校庭やダンススタジオ、プールもリニューアルされた。

カリキュラム - 設置学科やコース、勉強の進め方、教育の特色

グローバル人材を育てる3コース制

本学院のグローバル教育では中高一貫教育コースを設置している。中学3年間は「GLグローバルリテラシーコース」で学ぶ。体験的国際教育の一貫として全員参加のイギリス修学旅行を実施。

高校は3コース制。
スタディアブロード(SA)コースは3カ月または1年間の海外留学をカリキュラムに組み込み、留学先での履修単位を認定するので3年間で高校を卒業できる。アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランドの5カ国の提携校に留学し、広い視野と英語コミニケーション力を磨く。

セレクトラーニング(SL)コースは基礎的な学力に加え、課題解決型のアクティブラーニングを採り入れるなど、新しい時代に求められる学力を育成する。2年次から文系・ 理系に分かれ大学進学を目指す。アメリカ修学旅行(2年)ではホームステイ を体験するほか、希望者はイギリスでの語学研修にも参加できる。

2019年新設のフードカルチャー(FC)コースは「食」に関連する多くの実習と専門科目を通して、「食」を通じて世界と向き合い、食のクリエーターを育てる。

進路 - 大学や就職先など卒業後の進路

4年制大学現役進学率85%

アチーブメントプログラム(朝学習)やチュータリングプログラムなどのきめ細やかな指導により、4年制大学の現役進学率は85%。早稲田大・上智大・明治大・青山学院大・立教大・中央大などの難関大学が英語力や国際交流の経験がある志願者を優先的に選抜するグローバル入試を導入しており、グローバル教育に力を入れている本学院の生徒たちにとってチャンスが広がっている。また、毎年約110大学、450名以上の指定校推薦枠がある。

私立中学・高校受験ガイド「THE私立」から掲載内容を少しだけお届け!

その他の東京女子学院高等学校情報

入試情報(2019年度)

試験日 1/22(推薦)、2/10(併願優遇・一般)
試験科目 面接(推薦)、国・数・英+面接(併願優遇・一般)
募集人員 SA:20/20、SL:80/80、FC:20/20
受験者数 SA:8/8、SL:15/29、FC:9/7
合格者数 SA:8/6、SL:15/29、FC:9/7
競争率 SA:1.0/1.3、SL:1.0/1.0、FC:1.0/1.0

※人数はすべて推薦/併願優遇・一般

アクセスマップ

公式サイト

東京女子学院高等学校公式サイトはこちら