多摩大学附属聖ヶ丘高等学校の学校情報

国際化社会の進展に即した強い実行力と広い視野、高い倫理感を持つ人間を育成

学校所在地
東京都多摩市聖ヶ丘4-1-1
最寄り駅
京王線聖蹟桜ヶ丘駅 小田急多摩線小田急永山駅 京王相模原線京王永山駅 
電話番号
042-372-9393
生徒数
352名
特色
-進学に有利 -施設が充実 -クラブが活発 -国際人を養成
関連カテゴリ
共学 / ★★★★(偏差値60から70程度まで) / 私立 / 普通科 / 高校名「た」行 / 京王線・京王新線 / 小田急多摩線 / 多摩市

環境 - 学校周辺の環境や校内外の施設

緑に囲まれた充実の学習環境

多摩ニュータウンの一角、富士山を望むキャンパスには、朝夕の通学時間帯に合わせてスクールバスが運行され、快適な学校生活に欠かせない校内施設も充実している。教室はすべて冷暖房完備で、室内温水プールをはじめ、天体観測室、トレーニングルームなどが自慢だ。そのほか、横浜にセミナーハウスもあり、セミナーや合宿に利用されている。

カリキュラム - 設置学科やコース、勉強の進め方、教育の特色

進路に合わせて高2でコース選択

中・高6年間をA・B・Cの3ブロックに分けた独自の一貫教育を実施している。Aブロックでは、積極的かつ自主的に学習に取り組む姿勢を育て、基礎学力の養成を図る。Bブロックからは選択教科を取り入れ、学力をより一層充実させる。Cブロックでは、選択科目を中心に、学力の発展を目指す。

また、中学3年次より、数学と英語では習熟度別授業を実施している。

高校では、2・3年次になると文系・理系に分かれるが、単位数に差をつけるだけで文系では数学、理系では社会を必修選択科目にするなどあくまでも5教科をしっかり勉強し、あらゆる受験体制に対応できるようカリキュラムを組んでいる。
3年次からはさらに自由選択時間を多く設け、入試への自信を高めるようにしていく。

進路 - 大学や就職先など卒業後の進路

GMARCHを中心に進学率が上昇中

生徒一人ひとりの顔や個性と同じく、個々の進路目標があるとの考えに基づき、きめ細かく対応している。
2018年度からスタートした新たな学び『A知探Q』では、これまで以上に探究型学習を深めている。
また、異なる学年と同じ授業を受けることや外部講師による講座を開講。
また、多摩大学、東京医療保健大学への優先入学制度がある。
GMARCH以外の主な進学先には、筑波、首都大学東京、横浜国立、早稲田、上智、東京理科などがある。

私立中学・高校受験ガイド「THE私立」から掲載内容を少しだけお届け!

その他の多摩大学附属聖ヶ丘高等学校情報

入試情報(2019年度)

試験日 2/12
試験科目 国・数・英+面接
募集人員 20
受験者数 18
合格者数 14
競争率 1.3

アクセスマップ

公式サイト

多摩大学附属聖ヶ丘高等学校公式サイトはこちら