都立農芸高等学校の学校情報

「時を守り、場を清め、礼を正す」

学校所在地
杉並区今川3-25-1
最寄り駅
西武新宿線上井草駅 JR中央線荻窪駅・西荻窪駅 西武池袋線石神井公園駅
電話番号
03-3399-0191
関連カテゴリ
共学 / ★★(偏差値50程度まで) / 都立 / 農業科 / 高校名「な」行 / 中央線 / 杉並区 / 西武新宿線 / 西武池袋線 / 丸ノ内線

カリキュラム - 設置学科やコース、勉強の進め方、教育の特色

三学期制

本校では、3分の2が普通教科、3分の1が専門教科の学習をする。食品科学科は2年次から類型学習を行う。 卒業に必要な単位は77単位。

園芸科学科・食品科学科・緑地環境科の3つの学科があり、専門学科の授業はもちろん、普通教科も少人数制授業を多く取り入れている。 実験・実習などの体験型授業を重視して授業を実施。

★園芸科学科 …100年度の未来環境を創造する園芸グローバルクリエイター
園芸の生産・流通・利用などに関する基礎知識と技術を学ぶ。
日本農業技術検定2・3級、初級バイオ技術者認定、毒物劇物取扱責任者などの資格取得が可能。
草花・野菜・果樹を露地や温室で栽培する知識と技術を学ぶとともに、バイオテクノロジーを利用した園芸植物の栽培も学ぶ。

★食品科学科 …命をつなぐ未来の食環境クリエイター
加工食品の生産・製造・分析に必要な基礎知識や技術を学ぶ。
日本農業技術検定2級・3級、パソコン検定、食品衛生責任者、食生活アドバイザーなどの資格取得が可能。
食品製造の原理を学び、加工食品に必要な知識と技術を身に付ける。
食品の合理的な流通方法を学び、実践に必要な知識や技術を身に付ける。
食品や原材料の栄養価値について学ぶとともに、環境科学について学習する。

★緑地環境科…街の環境を創造する緑の芸術家
緑化保全・改善の知識・技術を学ぶ。自然と調和した社会環境づくりに携わる者を養成する。
日本農業技術検定2・3級、トレース技能検定3・4級、レタリング技能検定3・4級、技能検定(造園)2・3級、小型車両建設機械(ミニショベル 操作、玉掛け クレーン)などの資格取得が可能。
緑地環境の改善に最も必要な製図・設計、都市の緑地空間、公園や庭園の景観を作る知識・技術を学ぶ。

進路 - 大学や就職先など卒業後の進路(2018年3月)

★卒業生の進路状況
<卒業生135名>
大学34名、短大7名、専門学校54名、就職34名、その他6名

★卒業生の主な進学先 
麻布大、大妻女子大、国士舘大、大正大、東京聖栄大、東京農業大、日本大

♣指定校推薦枠のある大学・短大など♣
麻布大、東京家政学院大、東京聖栄大、東京農業大、日本獣医生命科学大、ヤマザキ学園大、東京農業大短大部 他

部活動 - 設置されている部・同好会・活動の様子

自由参加制。 和太鼓部は地域の行事に参加するなど活躍している。 馬術部は都立高校の中で本校にのみ設置。 インターハイや全国大会に出場するなど、好成績を収めている。 その他、農業の専門性を活かした部活動が本校の特徴の一つである。

平成28年度、27年度は馬術部が全国大会に出場し、優勝した。
陸上競技部は平成28年度関東大会に男子円盤投で出場し6位入賞を果たした。

★設置部
剣道、サッカー、硬式テニス、バドミントン、卓球、陸上競技、バスケットボール、ウォーキング、バレーボール(女)、軟式野球、合気道、和太鼓、演劇、文芸、美術、フラワーアレンジメント、漫画イラスト、生物、家庭科、茶道、写真、馬術、花、園芸、バイオ、果樹、農産加工、製菓・製パン、野外測量

行事 - 文化祭や体育祭など、生徒に人気の高い行事を紹介

4月 校外学習(1・2・3年)
6月 体育祭
9月 修学旅行(2年)
11月 農芸祭(文化祭)
12月 球技大会
2月 長距離走大会

学校見学 - 学校の空気に触れられるチャンスを紹介(2018年度実施内容)

★体験入学 6・9月各1回
★学校見学会 7月1回、8月2回
★学校説明会 10・11月各1回
★個別相談会 12・1月各1回
★農芸祭 11月 見学可
★学校見学は随時可(要連絡)

トピックス - 上記の項目の他に学校の雰囲気が伝わる話題を紹介

1900年に創立された都立農業系専門学校の中で一番歴史と伝統のある学校である。都心の住宅地の真ん中に位置し、緑に囲まれた校舎、実習棟や農場など合わせて広い敷地がある。
最新の施設や設備が導入され、教育活動の充実を図っている。

誠実・勤勉・自主・協調の校訓のもと、農業に関する基礎を体験的に学びながら、生き生きとした生活を送ることができる。

都庁前広場の花壇作り、地元阿佐ヶ谷駅前の花壇作り、地域貢献活動の推進として、保育園、小学校等の児童と農場体験活動を地域社会との連携を積極的に行っている。また、「環境教育実践宣言校」として、都市及び自然環境の創造とごみの減量・節電に日々取り組み、環境にやさしい農業高校を目指している。

時を守り、場を清め、礼を正すをモットーに生活指導を行っている。

突撃取材!学校の先生に聞きました!!

入試に向けてこんな準備をしてほしい

英語

中1の学習内容から3年の内容までしっかりと復習して、基礎基本を押さえておくこと。

数学

数と式の計算をしっかりとやってきてほしいです。
整数の四則演算、小数 ・分数計算、文字式の計算(特に単項式の乗除法)を正確に解けるようにしてください。

国語

読解力の向上、文章力を高める。

学校説明会のおすすめポイント

普通高校にはない様々な施設をご案内しています。
全体説明のあと、もっと詳しく話を聞きたい方のために、個別相談を実施しています。
また、各教科の施設ではそれぞれの学科の教員が来場者の質問にお答えしながら施設や実習の説明をしています。

学校のここに注目してほしい

  • 3つの学科でそれぞれの専門性を高めることができます。また、部活動や行事、委員会活動を通して学科を超えた交流も盛んです。自分が学びたいことを学ぶために来ているため、皆生き生きと実習しています。
  • 分割授業、習熟度別授業の実施
  • 都立高校で唯一の馬術部。広大な農場での実習。普通教科も含めて行う少人数での指導。

「東京都公立高校入試完全ガイド」から掲載内容を少しだけお届け!

その他の都立農芸高等学校情報

アクセスマップ

公式サイト

都立農芸高等学校公式サイトはこちら