都立豊多摩高等学校の学校情報

平成22年度より都の進学指導推進校に指定

学校所在地
杉並区成田西2-6-18
最寄り駅
京王線浜田山駅
電話番号
03-3393-1331
関連カテゴリ
共学 / ★★★★(偏差値60から70程度まで) / 都立 / 普通科 / 高校名「た」行 / 杉並区 / 京王線・京王新線

カリキュラム - 設置学科やコース、勉強の進め方、教育の特色

三学期制

1〜2年次は、あらゆる進路に対応できる基礎学力を育成するため、必修科目を多く設定。 1年次は、芸術科目(音楽・美術・書道から1科目選択)以外は全員同じ科目を履修。 2年次は一部選択制となり、古典B(4単位)または古典Aと化学(各2単位)のどちらかを選択する。

3年次には、一人ひとりの希望する進路にあわせて科目を選ぶことができるよう、多様な選択科目を設置。 10〜12単位を必修で選択する。

1年の数学Ⅰ、2年の数学Ⅱでは、習熟度別授業を展開。個人の力にあった学習ができる。

国語の指導目標は、「〈知ること(知識)〉だけではなく、〈考える力(思考力)〉も育成する」。

社会科(地理・歴史・公民科)は、社会の様々な現象について考える力、調べる力、意見を言う力などを育てることを重視。

理科(物理・化学・生物・地学科)はすべての教科において、実験や実習を重視し、それぞれの基本法則の充分な理解と科学的な探求心の育成を図る。

保健体育科は、1〜2年は週3時間を3種目通年で実施。3年生は多種目選択となる。

多くの教科で、小テストや補習、週末課題などを実施し、日々生徒の力をつけていく工夫をしている。

進路 - 大学や就職先など卒業後の進路(2018年3月)

進路講演会やガイダンス、大手予備校のサテライト授業などを実施。夏季休業中には講習を行う。 土曜教室も開設(年間17回程度)。講座は国数英地理など随時実施。

進路指導室がある。

★卒業生の進路状況 <卒業生309名>
大学238名、短大2名、専門学校4名、就職1名、その他65名

★卒業生の主な合格実績 
電気通信大、東京農工大、東京学芸大、北海道大、埼玉大、千葉大、群馬大、筑波大、信州大、首都大学東京、早稲田大、慶應義塾大、上智大、東京理科大、青山学院大,学習院大、國學院大、成蹊大、成城大、中央大、東京女子大、日本女子大、法政大、明治大、立教大

♣指定校推薦枠のある大学・短大など♣ 
上智大、東京理科大、中央大、法政大、明治大、青山学院大、学習院大、芝浦工業大、成蹊大、成城大、國學院大、明治学院大、東洋大、日本大 他

部活動 - 設置されている部・同好会・活動の様子

約9割が参加。 「学友会」という組織があり、学校行事の運営や部活、委員会活動などを生徒が自主的に行っている。

平成30年度は、水泳部が男子50m自由形で全国大会に出場した。また、文芸部も全国大会に出場した。

平成29年度には、陸上競技部が都大会に10種目出場し、男子400m・男子砲丸投で第1位、男子やり投で第2位、女子走幅跳で第3位となった。
剣道部はインターハイ都予選で女子団体がベスト16となった。
また、文芸部は関東大会に出場した。

★設置部(※は同好会)
バドミントン、サッカー、バレーボール、剣道、陸上競技、硬式テニス、ソフトテニス、バスケットボール、ハンドボール、卓球、ラグビー、水泳、硬式野球、体操ダンス、映画研究、漫画研究、茶道、吹奏楽、演劇、写真、放送、生物、軽音楽、美術、合唱、天文、ファッションクリエイト、文芸、パソコン、※歴史研究、※囲碁将棋、※アウトドア、※英会話

行事 - 文化祭や体育祭など、生徒に人気の高い行事を紹介

下記の行事のほかに、年2回の球技大会、芸術鑑賞教室などを行っている。 また、昭和27年に始まった伝統の合唱コンクールはクラス単位で舞台衣装まで揃え、会場を借りて行われる大イベント。

4月 遠足
6月 合唱コンクール
9月 記念祭(文化祭)、体育祭
11月 修学旅行(2年)
12月 芸術鑑賞教室
2月 ロードレース

学校見学 - 学校の空気に触れられるチャンスを紹介(2018年度実施内容)

★学校見学会  8月2回
★学校説明会  10・11・12月各1回
★授業公開週間  5・11月各1回
★記念祭  9月 見学可
★学校見学はHPからの申込み

トピックス - 上記の項目の他に学校の雰囲気が伝わる話題を紹介

昭和15年、東京府立第十三中学校として創立。
24年に東京都立豊多摩高等学校となる。
多数の卒業生が各界で活躍している。

平成22年度より都の進学指導推進校に、平成29年度より都のAL推進校に指定されている。

緑豊かなキャンパス。イチョウ並木のある広大な敷地に充実した教育施設が整い、たいへん恵まれた環境にある。

自主的、自律的精神を教育方針の一つにしており、生徒は伸びやかな学校生活を送っている。

野球部、剣道部、ラグビー部を対象に文化・スポーツ等特別推薦を実施。

<教育目標>
平和で民主的な国家・社会の有為な形成者を育成する。

突撃取材!学校の先生に聞きました!!

入試に向けてこんな準備をしてほしい

都立高校共通問題ですので、どの教科もまんべんなく点数がとれるように、また苦手科目がなくなるように勉強してみてください。

学校説明会のおすすめポイント

説明会では生徒によるパフォーマンスがいくつかあります。また、説明終了後、希望者対象に生徒による施設見学を実施しています。生徒の様子などを実際に見ていただくこともでき、生徒に直接話を聞くこともできます。

学校のここに注目してほしい

  • 制服はありません。
  • 平成30年度に調理室・被服室・物理室・化学室・生物室・地学室・生徒ホールなど特別教室にも冷房が入りました。
  • 躍進を続ける豊多摩高校の進路実績

    「チーム豊多摩」の全力応援で希望進路の実現へ

    • 「進学指導推進校」指定以来、躍進を続ける進路結果
      • 10年前とは見違える進路実績[進学指導推進校指定年度との比較](現浪合計)
        国公立4.4倍  早慶上理6.8倍  GMARCH3.4倍
        成成独国武明学4.5倍  日東駒専4.3倍
      • 「延べ合格者数」と「実合格者数」の差が小さいのも特徴[例ː学習院大は現浪とも重複合格なし]。 特進クラスなど「一部が数字を稼ぐ」パターンではなく全校での「受験は団体戦」がスローガン。
    • 芸術分野にも強い伝統-あの「日芸」にも連続して合格者輩出!
      • クリエイター宮崎駿氏を輩出した本校らしく、芸術を志す生徒も多い。

「東京都公立高校入試完全ガイド」から掲載内容を少しだけお届け!

その他の都立豊多摩高等学校情報

アクセスマップ

公式サイト

都立豊多摩高等学校公式サイトはこちら