都立芦花高等学校の学校情報

屋上には天文台を設置

学校所在地
世田谷区粕谷3-8-1
最寄り駅
京王線千歳烏山駅 小田急線千歳船橋駅・成城学園前駅 
電話番号
03-5315-3322
関連カテゴリ
共学 / ★★★(偏差値50から60程度まで) / 都立 / 普通科 / 高校名「ら」行 / 世田谷区

カリキュラム - 設置学科やコース、勉強の進め方、教育の特色

三学期制

45分授業を1日6〜7時限(選択科目によっては8時限)の授業を実施。
実験、実習科目、選択科目には90分授業を積極的に採用。

少人数制授業、習熟度別授業などにより、きめ細かく指導。コミュニケーション英語についても、1年次から3年次まで習熟度別授業で展開。

単位制の特色を生かし、2〜3年次には70科目ほどの選択科目を開講。

英語の選択科目を例にとると、英語センター演習、難関大学の入試問題演習を行うものなど、他校にはあまり類をみないユニークな科目を開講。

幼稚園や保育園での体験授業や、実験重視の理科の授業にも力を入れている。

漢字検定、数学検定、英語検定などの合格により、増単位とする制度がある。

進路 - 大学や就職先など卒業後の進路(2017年3月)

自分の能力や適性を見出したり、自分を生かせる職業についての情報を得たり、2年次以降はどのように科目選択をするのかなどについて、具体的に検討するための「キャリアガイダンス」という時間を、1・2年次の「総合的な学習の時間」に設置。

実力テストは年次に1年2回、2年次に年3回実施。

大学進学にも力を入れ、放課後、英語・国語・日本史の大学受験のための補習が行われている。 また、夏休み等の長期休業中は全学年を対象に主要教科全てで受験用の講座を多数開講している。

★卒業生の進路状況
<卒業生232名>
大学154名、短大13名、専門学校36名、就職2名、その他27名

★卒業生の主な合格実績
青山学院大、学習院大、駒澤大、上智大、成蹊大、成城大、専修大、中央大、東京都市大、東京農業大、東洋大、日本大、法政大、武蔵大、明治大、立教大、早稲田大

♣指定校推薦枠のある大学・短大など♣
駒澤大、白百合女子大、成蹊大、専修大、東京電機大、東京農業大、東洋大、日本大、文教大、武蔵大 他

部活動 - 設置されている部・同好会・活動の様子

入学時には100%を超す生徒が入部し、2年次でも93%の生徒が熱心に取り組み、「文武両道」を実践している。弓道部は都のアスリート育成推進校となっており、国体やインターハイに出場している。

全国大会には、弓道部をはじめ、陸上競技部や吹奏楽部、将棋同好会に出場実績がある。

平成29年度は、弓道部がインターハイに出場した。陸上競技部は関東大会に出場した。

★設置部(※は同好会)
バスケットボール(男女)、サッカー(男女)、硬式野球、バレーボール(女)、ダンス、バドミントン、弓道、硬式テニス、水泳、陸上競技、卓球、吹奏楽、演劇、軽音楽、描く、文芸、天文、家庭科、フォークソング、写真、美術、ESS、園芸、※将棋、※勉強

行事 - 文化祭や体育祭など、生徒に人気の高い行事を紹介

体育祭、合唱祭、文化祭の三大行事を中心として、生徒が作り上げる各行事はたいへんな盛り上がりとなる。

5月 遠足
6月 体育祭
9月 けやき祭(文化祭)
10月 修学旅行(2年)
3月 合唱祭

学校見学 - 学校の空気に触れられるチャンスを紹介(2017年度実施内容)

★授業公開 6・11月各1回
★オープンスクール 7・8月各1回
★夏季休業中の見学 平日のみ10時に実施
★学校説明会 10・11・12月各1回
★けやき祭 9月 見学可
★学校見学は随時可(要連絡)

トピックス - 上記の項目の他に学校の雰囲気が伝わる話題を紹介

平成15年、新時代の全日制普通科単位制高等学校として開校。

「自主」「創造」「誠実」を教育目標に掲げている。

ゆったりした敷地にオープンスペースが豊富にある校舎は、風の通う学校と呼ばれ、平成15年度に新築された。 単位制高校として多様な選択科目の授業展開を可能にする小教室や300名収容の視聴覚教室等を確保。屋上には天文台を設置している。 弓道場の併設された体育館、トレーニングルームなど、体育施設が充実。 勉強も部活動も行事も主体的に、意欲的に取り組むことのできる文武両道の学校」を目指し、「キャリア教育を重点に置き、自らの将来像を早期に描き、希望する進学実現を果たす学校」である。これを「この子たちの夢を3年後に叶えてあげようプロジェクト」と呼び、取り組んでいる。

1年次ではキャリア教育に力を入れ、大学生、留学生、様々な仕事に携わる社会人との交流等、自己を見つめ個性を伸ばす指導をし、2年次では緩やかな文系、理系の選択科目、3年次ではそれぞれの進路実現のために幅広く学べる選択科目を豊富に設置。進学に直結した科目の履修が多くできる単位制の強みを生かしたシステムとなっている。

コミュニケーション能力・プレゼンテーション能力・グループワーク・問題解決能力を育て、積極的なチャレンジ、失敗、達成感から多くのことを学び成長できる。 他の学校とは一味違う人間づくりをキャリア教育で推進している。

奉仕活動や体験活動の支援のために、地域、保護者、卒業生、NPO等で構成された「芦花高校支援本部」を設立。

平成25〜28年度、都教育委員会の部活動推進指定校、オリンピック・パラリンピック教育推進校となった。

平成27年度より、女子のズボン着用が導入された。

突撃取材!学校の先生に聞きました!!

入試に向けてこんな準備をしてほしい

学校説明会でお話ししますので、是非ご参加ください。本校HPより、ご予約いただけます。

学校説明会のおすすめポイント

本校は単位制高校として多様な選択科目の授業展開を可能にする小教室や300名収容の視聴覚教室等があり、この視聴覚教室で説明会を行っております。

ゆったりした敷地にオープンスペースが豊富にある校舎は、風が吹き抜ける学校と呼ばれ、2003年に新築されました。
是非、実際に来校していただき、説明会の内容ももちろんですが、学校の雰囲気も見ていただきたいと思います。

学校のここに注目してほしい

キャリア教育、進路指導、総合的な学習の時間等について

進路指導は1年次からのキャリア教育と一体となったきめ細やかな指導を充実させ、生徒自身が「ワンランク上の志望校を目標に、自己実現を図る」ための支援を行っています。
これを「この子たちの夢を3年後にかなえてあげようプロジェクト」と名付け、平成23年度には、「文部科学大臣表彰」を受けました。

具体的には、「総合的な学習の時間」の中で、1年次では、大学生、留学生、様々な仕事に携わる社会人との交流・職業人インタビュー、2年次では企業と連携した「クエストエデュケーション」を実施し、自己を見つめ個性を伸ばす指導を実践しています。

「東京都公立高校入試完全ガイド」から掲載内容を少しだけお届け!

その他の都立芦花高等学校情報

アクセスマップ

公式サイト

都立芦花高等学校公式サイトはこちら