都立砂川高等学校の学校情報

3部制のシステムを生かし、多様な生徒に対応している

学校所在地
立川市泉町935-4
最寄り駅
多摩モノレール泉体育館駅
電話番号
042-537-4611
関連カテゴリ
定時制 / 通信制 / ★★(偏差値50程度まで) / 都立 / 普通科 / 高校名「さ」行 / 立川市 / 多摩都市モノレール

カリキュラム - 設置学科やコース、勉強の進め方、教育の特色

三学期制

1クラス30名程度の少人数指導。
授業は45分×2コマの90分が基本。

Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ部の3部からなり、それぞれ学習時間帯は異なるが、教育内容は共通である。自由選択科目については、生徒がそれぞれの学習方法に応じ、担任との相談をもとに、科目ごとにクラスを選択可能。3年間での卒業を推奨している。

自由選択科目がたいへん豊富である。

英・数・国は全学年で少人数習熟度別授業(原則20名以下)を実施する。2年次までに基礎学習を終えるインテンシブ講座と、ベイシック講座が設置されている。

漢字検定については、校内受検を実施している。情報処理関連の検定合格も積極的に支援。

進路 - 大学や就職先など卒業後の進路(2018年3月)

「 総合的な学習の時間」にキャリアガイダンスを行い、進路を考え将来を生きる力を育成。

小論文指導や表現力を向上させる取り組みを定期的に実施。夏季休業中には特別講座や集中講座を開講。

東洋大・東京工科大・駿河台大・東京純心大と高大連携。

卒業生の進路状況
<卒業生142名>
大学38名、短大5名、専門学校53名、就職29名、その他17名

卒業生の主な合格実績
桜美林大、拓殖大、帝京大、東京経済大、日本大

♣指定校推薦枠のある大学・短大など
駒澤大、実践女子大、東洋大 他

部活動 - 設置されている部・同好会・活動の様子

16時05分以降が「部活動・委員会活動ゾーン」。少林寺拳法部は平成30年度まで12年連続で全国大会へ出場した。

★設置部(※は同好会)
バスケットボール、軟式野球、バドミントン、卓球、陸上競技、サッカー、硬式テニス、ハイキング、少林寺拳法、※ダンス、バレーボール、写真、文芸、マンガ研究、吹奏楽、パソコン、自然科学、軽音楽、美術、映画制作、箏曲、調理、棋道、※合唱

行事 - 文化祭や体育祭など、生徒に人気の高い行事を紹介

4月 HR校外研修
5月 スポーツ大会
10月 文化祭
2月 修学旅行(2年)

学校見学 - 学校の空気に触れられるチャンスを紹介(2018年度実施内容)

★ 学校説明会 10・11・12月各1回
★ 体験授業 7月1回
★ 文化祭 9月 見学可
★ 学校見学 8月2回、3月
★ 個別相談会 1月(要予約)

トピックス - 上記の項目の他に学校の雰囲気が伝わる話題を紹介

3部制のシステムを生かし、多様な生徒に対応している。

「東京都公立高校入試完全ガイド」から掲載内容を少しだけお届け!

その他の都立砂川高等学校情報

アクセスマップ

公式サイト

都立砂川高等学校公式サイトはこちら