都立田園調布高等学校の学校情報

近くを多摩川が流れ、河川敷には専用グラウンドも持っている

学校所在地
大田区田園調布南27-1
最寄り駅
東急線沼部駅 東急線御嶽山駅 東急線多摩川駅
電話番号
03-3750-4346
関連カテゴリ
共学 / ★★★(偏差値50から60程度まで) / 都立 / 普通科 / 高校名「た」行 / 大田区 / 京急本線・久里浜線

カリキュラム - 設置学科やコース、勉強の進め方、教育の特色

三学期制

大学受験を念頭に置いたカリキュラム編成になっている。 1〜2年次は基礎基本となる科目を重点的に学び、3年次には、多彩な選択科目のなかから各自の進路希望にあわせて科目を選択履修し、希望の実現を目指す。

50分授業、1日6時限編成である。教科によっては習熟度別・少人数制授業を実施している。 補習も多い。夏季は特別講座を多く実施している。 土曜日には希望者を対象に特別講習(3学年)を実施している。

3年次には、直前入試対策など特別講座を設けている。 高大連携プログラムとして、明治学院大や東京都市大の授業を受けることができる。

アドバンストクラス(先進学習クラス)を設置し、週2時間の大学入試問題演習授業(マルチ演習、年間18回英・数・国)を土曜日に1年次より行っている。 2年次には勉強合宿を実施。一般クラスの希望者も参加可能。

漢字検定に力を入れており、1年次に全員受検している。

進路 - 大学や就職先など卒業後の進路(2018年3月)

「学年別キャリアガイダンス」「プレカレッジプログラム」からなる「田高進路プロジェクト」には定評がある。極めて具体的で臨場感にあふれ、進路選定において稀有なる機会が与えられていると言いたくなるほどの内容である。

「学年別キャリアガイダンス」では、特に1学年の集中講座「しごと」において各界で活躍中のプロフェッショナルを招いて話をうかがう。

「プレカレッジプログラム」は、大学というところをよく知るためにキャンパス体験をしたり、大学の先生をお招きして出張講義をしていただいたりする企画である。

★卒業生の進路状況
<卒業生229名>
大学147名、短大10名、専門学校17名、就職3名、その他52名

★卒業生の主な合格実績 
千葉大、東京海洋大、静岡大、埼玉大、首都大学東京、都留文科大、青山学院大、桜美林大、大妻女子大、学習院大、工学院大、國學院大、国士舘大、駒澤大、上智大、成蹊大、成城大、専修大、大東文化大、中央大、帝京大、東海大、東京電機大、東京農業大、東京理科大、東洋大、獨協大、日本大、文教大、法政大、武蔵大、明治大、明治学院大、立教大、早稲田大

♣指定校推薦枠のある大学・短大など♣
青山学院大、学習院大、國學院大、駒澤大、成城大、中央大、東京都市大、東洋大、日本大、文教大、武蔵大、明治大、立教大、立正大 他

部活動 - 設置されている部・同好会・活動の様子

約9割が参加。複数の部に所属している生徒も数多い。

<平成30年度>
女子バスケットボール部が夏季大会でブロック2位。

<平成29年度> 
卓球部が関東大会予選でベスト32。陸上競技部が、東京都陸上競技選手権大会の女子やり投げで優勝、東京都大会では男子100mに出場した。
吹奏楽部は、吹奏楽コンクールC組で金賞を受賞した。

★設置部(※は同好会)
剣道、野球、陸上、サッカー、テニス、バスケットボール、バレーボール、バドミントン、水泳、卓球、ワンダーフォーゲル、吹奏楽、箏曲、茶道、演劇、美術、生物、漫画研究、フォークソング、ダンス、ピアノ、マーブル、メディアサイエンス、かるた、※合唱

行事 - 文化祭や体育祭など、生徒に人気の高い行事を紹介

6月 体育祭
9月 ぽろにあ祭(文化祭)
10月 修学旅行(2年)
12月 ビブリオバトル(1・2年)
2月 合唱祭(1・2年)

学校見学 - 学校の空気に触れられるチャンスを紹介(2018年度実施内容)

★学校見学会 7月1回、8月4回
★授業公開週間 11月
★体験授業 7月1回
★学校説明会 10・11・12・1月各1回
★ぽろにあ祭 9月 見学可

トピックス - 上記の項目の他に学校の雰囲気が伝わる話題を紹介

昭和25年、東京都立大田高等学校として開校。
閑静な住宅地の一角に、地域の小中学校と隣接して建っている。
近くを多摩川が流れ、河川敷には専用グラウンドも持っている。

東京都教育委員会より、進学指導研究校に指定された。

「東京都公立高校入試完全ガイド」から掲載内容を少しだけお届け!

その他の都立田園調布高等学校情報

アクセスマップ

公式サイト

都立田園調布高等学校公式サイトはこちら