都立瑞穂農芸高等学校の学校情報

特色を生かした体験型授業が行われている

学校所在地
西多摩郡瑞穂町石畑2027
最寄り駅
JR八高線箱根ヶ崎駅
電話番号
042-557-0142
関連カテゴリ
共学 / ★★(偏差値50程度まで) / 都立 / 農業科 / その他学科 / 高校名「ま」行 / 八高線 / 西多摩郡瑞穂町

カリキュラム - 設置学科やコース、勉強の進め方、教育の特色

三学期制

園芸科学科、食品科では、1年次より専門科目を幅広く学習し、3年次に、興味、関心に応じ、専門科目を選択する。

畜産科学科、生活デザイン科では、2年次より興味、関心、希望進路などに応じ、類型を選択。

1、2年次の英語で習熟度別授業を、1年次の数学、理科で少人数授業を行う。

特色を生かした体験型授業が行われている。

各科が連携した授業(「生産から製造、販売」)によって、専門性を高めることができる。

★園芸科学科 
1年次では、農業や環境に関する基礎的な学習と、栽培の基礎を学ぶ実習を中心に行う。
2年次では、野菜、草花、果樹、植物バイオテクノロジーの各分野について専門的な学習と実習を行い、3年次では、選択科目を多く設けている。 選択科目には、「野菜」「フラワーアレンジメント」「植物バイオテクノロジー」「造園技術」「果樹」等があり、各自の興味・関心や進路選択に応じて高度な専門技術と知識の習得ができるカリキュラムとなっている。

★畜産科学科
<酪農類型>
乳牛を担当し、大型動物の飼育管理を学習する。 人工授精、受精卵移植技術の学習。 酪農分野の後継者を養成する。
<養豚類型>
豚の飼育管理、生理、繁殖、衛生の知識や技術の基本を中心に学習する。 育種や繁殖に人工授精や妊娠鑑定を取り入れ、実践的な知識や技術を学習する。
<実用動物類型>
イヌ、コモンマーモセット、リスザルなど多くの種類の中から担当動物を決め、飼育管理を行う。 動物の生理・生態、繁殖、衛生の知識技術を実践的に学習する。

★食品科 
食品について、食品の原料特性、食品製造、食品衛生、成分、食品微生物等を、幅広く学習している。 また、食品流通について選択科目で学習する。
特に食品製造に力を入れ、クラスを3班に分け、粉加工(パン・菓子)、園芸加工(ジャム・缶詰等)、乳加工(牛乳の製品化・チーズ等)、肉加工(ハム・ソーセージ等)の実習を展開し、製造に関する幅広い知識、技能を身につけさせている。

★生活デザイン科
<保育・福祉類型>
保育はパネルシアターや人形劇を製作し、地域の保育園等で発表を行う。
福祉は手話や介護技術を学び、高齢者施設等で実習を行う。
<食物・調理類型>
2年次では加工食品、和洋菓子、食卓作法など。 3年次では本格的な日本、西洋、中華料理の実習、世界の食文化を学ぶ。
<服飾デザイン類型>
2年次では浴衣やタイトスカート。 3年次ではウェディングドレス、フォーマルドレス、スーツなどの製作を行う。
文化祭ではファッションショーで日頃の成果を発表する。

進路 - 大学や就職先など卒業後の進路(2017年3月)

1年次での進路適性検査、進路講演会や模擬面接、履歴書指導、進路相談、年数回のガイダンス、上級学校の先生による模擬授業などを、進路指導部と学年を中心に行っている。

1年次より個々の進路希望に合わせた各種ガイダンスなど、きめ細かい指導を行っているだけでなく、就職後においても全員の職場を1学期の間に訪ね、早期離職を減少させるための定着指導を実施している。

★卒業生の進路状況
<卒業生171名>
大学23名、短大7名、専門学校85名、就職40名、その他16名

★卒業生の主な進学先
鹿児島大、麻布大、帝京科学大、東海大、東京農業大、日本大

部活動 - 設置されている部・同好会・活動の様子

約7割が参加。 平成29年度は、写真部が東京都高等学校文化祭写真部門A地区大会で8名の作品が入賞した。

★設置部(※は同好会)
硬式野球、陸上競技、テニス、バドミントン、バスケットボール、バレーボール(女)、ソフトボール、弓道、ダンス、卓球、※水泳、※サッカー(男女)、動物愛好、吹奏楽、服飾デザイン、演劇、美術、茶道、バイオテクノロジー、華道、園芸、軽音楽、食品研究、クッキング、※自然科学、写真、※英語

行事 - 文化祭や体育祭など、生徒に人気の高い行事を紹介

下記の他、1学期に校外学習を実施している。

4月 校外学習
6月 体育祭
10月 修学旅行(2年)
11月 瑞高祭(文化祭)
1月 課題研究発表会
2月 マラソン大会、三年生を送る会

学校見学 - 学校の空気に触れられるチャンスを紹介(2017年度実施内容)

★学校見学会 7・8月各2回
★進学相談会 1月1回
★体験入学 10月1回
★学校説明会 11・12月各1回
★個別相談会 12月1回
★瑞高祭 11月 見学可
★学校見学は随時可(要連絡)

トピックス - 上記の項目の他に学校の雰囲気が伝わる話題を紹介

昭和24年東京都立農林高等学校定時制分校として開校。 40年東京都立瑞穂農芸高等学校として独立。

畜産科学科は都内では本校にのみ設置されている。

畜産、園芸、食品、家庭の専門性を活かした部活動がある。専門性を深めるとともに、検定や資格取得にチャレンジし、将来に役立てている。

農業や家庭の授業に前向きに取り組み、高校で学んだことを将来に生かせるような進路を考えている志望者が望ましい。

「東京都公立高校入試完全ガイド」から掲載内容を少しだけお届け!

その他の都立瑞穂農芸高等学校情報

アクセスマップ

公式サイト

都立瑞穂農芸高等学校公式サイトはこちら