都立武蔵村山高等学校の学校情報

英語、漢字、数学、パソコン、ワープロ、簿記など、各種の検定の資格が取得可能

学校所在地
武蔵村山市中原1-7-1
最寄り駅
JR中央線・青梅線昭島駅 西武線西武立川駅 
電話番号
042-560-1271
関連カテゴリ
共学 / ★★(偏差値50程度まで) / 都立 / 普通科 / 高校名「ま」行 / 青梅市 / 西武拝島線 / 武蔵村山市

カリキュラム - 設置学科やコース、勉強の進め方、教育の特色

三学期制

カリキュラムの特色は以下の通り。
①必修を多くし、本校の生徒としてこれだけは身につけさせるということを明確化した。
②3年次の選択に最大14単位の自由選択を用意し、希望進路実現への取り組みを強化した。
③国語、数学、英語、家庭の各教科では習熟度別、あるいは少人数制の授業を実施し、きめ細やかな対応を行う。また、1年次必修の社会と情報は先生が2人体制

土曜日は、外部講師による村高学習塾「寺子屋」を実施。 公務員、看護、大学の受験対策講座を行っている。

英語、漢字、数学、パソコン、ワープロ、簿記など、各種の検定の資格が取得可能。

進路 - 大学や就職先など卒業後の進路(2018年3月)

大学・短大・専門学校による学校説明会や模擬授業が開催されるほか、就職・キャリア教育として「企業人に聞く」を実施。さらに希望別進路集会など、きめ細かな指導を行っている。

★卒業生の進路状況
<卒業生276名>
大学90名、短大17名、専門学校116名、就職31名、その他22名

★卒業生の主な進学先 
東京学芸大、亜細亜大、桜美林大、学習院大、杏林大、駒澤大、駿河台大、専修大、大東文化大、拓殖大、帝京大、東京経済大、東洋大、日本大、日本体育大、早稲田大

♣指定校推薦枠のある大学・短大など♣
亜細亜大、国士舘大、城西大、駿河台大、拓殖大、帝京大、東京経済大、東京工科大、東洋大、日本大、明星大 他

部活動 - 設置されている部・同好会・活動の様子

1年生は全員参加。平成27年度、東京都部活動推進指定校となった。

平成30年度は、女子バレーボール部が東京都ベスト32。剣道部は東京都ベスト32。 平成29年度には、剣道部がインターハイ予選で男子・女子団体それぞれベスト32。 また、吹奏楽部は9年連続高吹連コンクールC組で金賞を受賞した。

★設置部(※は同好会など)
現代舞踊、剣道、水泳、硬式野球、サッカー、柔道、テニス、バスケットボール、バレーボール、ハンドボール、ソフトテニス(女)、卓球、バドミントン、陸上、ブラックダンス、アニメーション研究、演劇、吹奏楽、家庭科、華道、茶道、写真、生物、美術、放送、軽音楽、※舞台照明研究、書道

行事 - 文化祭や体育祭など、生徒に人気の高い行事を紹介

体育祭では3学年7クラスを縦割りにし、7団対抗で競う。

修学旅行は関西方面に赴く。

4月 遠足(全学年)
6月 体育祭、宿泊防災訓練(1年)
8月 部活動合宿
9月 茶陵祭(文化祭)
10月 芸術鑑賞教室
11月 修学旅行(2年)
2月 マラソン大会
3月 球技大会

学校見学 - 学校の空気に触れられるチャンスを紹介(2018年度実施内容)

★学校説明会 10・11・12月各1回
★授業公開 10月2回
★茶陵祭 9月 見学可
★学校見学は学期中は平日の16時から、長期休業中は10時、14時から(要連絡)

トピックス - 上記の項目の他に学校の雰囲気が伝わる話題を紹介

身だしなみ指導に力を入れており、茶髪・ピアス・化粧は厳禁で、スカート丈の指導も実施。正しい服装等の指導を通して、整った生活習慣を身につけられるようにする。

地域から信頼される学校を目指し、小学校との連携(年間15回程度総合的な学習の時間を活用して訪問)、地域行事への参加(ブラックダンス部、吹奏楽部)、中学校との合同の部活動など、様々な取り組みを行っている。

1年生の「奉仕」では、里山保全活動として本校から歩いて10分程の位置にある狭山丘陵の環境保全に取り組む。

校舎の大改修を行い、平成22年1月に新校舎に移った。

昼休み後に10分間の読書の時間がある。

平成27年度より、個別ブース型自習室が設置された(冷暖房完備)。

東京都教育委員会の人権尊重教育推進校、地域連携推進モデル校、パワーアップハイスクールに指定されている。

突撃取材!学校の先生に聞きました!!

学校説明会のおすすめポイント

入学を考える人、是非来てください!

学校のここに注目してほしい

広々とした校舎、グラウンド、丁寧な学習指導!

「東京都公立高校入試完全ガイド」から掲載内容を少しだけお届け!

その他の都立武蔵村山高等学校情報

アクセスマップ

公式サイト

都立武蔵村山高等学校公式サイトはこちら