都立東大和南高等学校の学校情報

土曜日授業を年18回実施し、週32時間の授業を確保している

学校所在地
東大和市桜が丘3-44-8
最寄り駅
西武線・多摩モノレール玉川上水駅 
電話番号
042-565-7117
関連カテゴリ
共学 / ★★★(偏差値50から60程度まで) / 都立 / 普通科 / 高校名「は」行 / 東大和市 / 西武拝島線 / 多摩都市モノレール

カリキュラム - 設置学科やコース、勉強の進め方、教育の特色

二学期制

1年次は、芸術以外全員共通科目を履修。国語・数学・英語は特に力を入れてしっかり学び(週5時間授業)、基礎学力を身につける。
2年次は、文系・理系の必修選択科目のなかから進路希望を考慮して選択履修する。
3年次は、多種多様な自由選択科目のなかから進路希望にあわせて効率よく学習できるよう各自選択履修し、希望実現を図る。

土曜日授業を年18回実施し、週32時間の授業を確保している。

英語については全学年で、数学については2年次に、習熟度別授業を行っている。

進路 - 大学や就職先など卒業後の進路(2017年3月)

家庭学習時間調査や課題学習などいわゆる「GMARCH」進学に焦点を合わせた家庭学習指導を行う。

1年段階から模試データを集約・分析・管理するファインシステムで戦略的進学指導を行う。
1年生は4月に全員が学習オリエンテーションを実施する。2年次の12月に勉強合宿を行う。

シラバス「学習の手引き」を作成・配布。

進路学習支援のため、自習室にサポートティーチャーを配置している。

中央大学見学や大学授業体験などを実施。

日常補習以外にも、部活動禁止時間帯を設けて夏・冬休みに特別講習を習熟度別で行う。
長期休業中、予備校のサテライト講座を導入(1・2年)。

★卒業生の進路状況
<卒業生316名>
大学247名、短大7名、専門学校26名、就職2名、その他34名

★卒業生の主な合格実績
東京外国語大、東京学芸大、前橋工科大、琉球大、早稲田大、上智大、青山学院大、学習院大、國學院大、駒澤大、実践女子大、昭和女子大、成蹊大、成城大、専修大、玉川大、中央大、東京家政大、東京経済大、東京電機大、東京理科大、東洋大、日本大、法政大、武蔵大、武蔵野大、明治大、明治学院大、立教大

♣指定校推薦枠のある大学・短大など♣ 
青山学院大、大妻女子大、学習院大、國學院大、埼玉医科大、芝浦工業大、白梅学園大、成蹊大、専修大、中央大、東京経済大、東京女子体育大、東京電機大、東京薬科大、東洋大、日本大、法政大、武蔵大、武蔵野大、明治大 他

部活動 - 設置されている部・同好会・活動の様子

約95.4%が参加。

最近の主な実績は以下のとおり。
<平成29年度>
水泳部が女子400mメドレーリレーと100m平泳ぎでインターハイに出場。
<平成28年度>
陸上競技部が男子走り高跳びでインターハイに出場。 水泳部が女子400mメドレーリレーでインターハイに出場。 男子バスケットボール部およびサッカー部が都ベスト8。 美術部が絵画部門で全国高等学校総合文化祭に東京都の推薦を受け、1点出品した。
<平成26年度>
陸上競技部が女子三段跳で関東新人選抜大会に出場。 水泳部は都予選において多くの種目で上位進出を果たした。 他にも男子バスケットボール部が都ベスト16、女子バスケットボール部・サッカー部・硬式野球部・柔道部が都ベスト32に進出した。

★設置系(※は同好会)
剣道、硬式テニス、ソフトテニス、サッカー、水泳、ソフトボール、卓球、ダンス、バスケットボール、バドミントン、バレーボール、硬式野球、陸上競技、柔道、踊り、チアリーディング、演劇、家庭科、写真、吹奏楽、漫画研究、生物、茶道、合唱、美術、※文芸研究

行事 - 文化祭や体育祭など、生徒に人気の高い行事を紹介

5月 遠足
6月 合唱コンクール
9月 楠翔祭(文化祭、体育祭)
10月 修学旅行(2年)
2月 芸術鑑賞教室
3月 球技大会

学校見学 - 学校の空気に触れられるチャンスを紹介(2017年度実施内容)

★部活動体験 8月
★夏季見学会 8月8回
★授業公開 11月
★学校説明会 11・12月各1回
★楠翔祭 9月 見学可
★学校見学は毎週金曜日の放課後16時より実施(要連絡)
★土曜授業の3・4限については授業公開(通年)

トピックス - 上記の項目の他に学校の雰囲気が伝わる話題を紹介

昭和59年開校。玉川上水の清流、公園、グラウンドに囲まれ、緑豊かで静かな環境である。 交通の便も良く、近くに大学や専門学校も建っており、学習環境としても抜群である。 教育目標は「克己・友愛・創造」。

各階にあるラウンジは、生徒が談話などを楽しむくつろぎのスペースとなっている。

授業のある土曜日は毎回授業公開を実施。放課後は補習・講習会などに活用している。

平成21年度、都教育委員会から重点支援校の指定を受け(23年度まで)、学校改革(進学対応の学習指導や特別活動など)を推進している。

平成22年度入学生から制服が新しくなった。

平成22年9月より朝学習を導入。 学習習慣の定着と遅刻の防止により、一日のけじめをつけている。

入試では、サッカー、硬式野球、バスケットボール(男女)、水泳(男女)、陸上競技(男女)で文化・スポーツ推薦を実施するなど、部活動の強化・活性化に力を注いでいる。

新大学入試制度に対応するためアクティブラーニング推進校の指定を受けて、いち早く実践を開始。

「東京都公立高校入試完全ガイド」から掲載内容を少しだけお届け!

その他の都立東大和南高等学校情報

アクセスマップ

公式サイト

都立東大和南高等学校公式サイトはこちら