都立晴海総合高等学校の学校情報

自主性、自立性を重んじ、チャイムは鳴らさない

学校所在地
中央区晴海1-2-1
最寄り駅
東京メトロ有楽町線・都営地下鉄大江戸線月島駅 
電話番号
03-3531-5021
関連カテゴリ
共学 / ★★★(偏差値50から60程度まで) / 都立 / その他学科 / 高校名「は」行 / 中央区 / 有楽町線 / 都営大江戸線

カリキュラム - 設置学科やコース、勉強の進め方、教育の特色

二学期制

本校の特徴ともいえる科目が2つある。 1つは「産業社会と人間」で1年次の必修科目。これは総合学科の基本となる科目であり、自分の生き方について考えを深めることを目標とする。 もう1つは3年次で学習する「課題研究」。これは3年間の総決算にあたる科目であり、発表会も開催している。

また、本校の教育活動の特色としては「6つの系列」がある。 2年次からそのなかの1つを選択し、それぞれの系列選択科目群と自由選択科目群から選んで自分の「時間割」を作り、進路希望実現を目指していく。

<情報システム系列> 
将来コンピュータ関連の仕事をしたい人や情報機器に関する勉強がしたい人に適している。基本的知識の修得と実習、さらに資格取得を目指す。

<国際ビジネス系列> 
経済・経営・商学・経営情報・経理などの基礎的なことを学ぶ。各種検定試験の合格を目指しつつ、キャリアアップを図っていく。

<語学コミュニケーション系列> 
英語・フランス語・スペイン語・ドイツ語・中国語など、外国語に関心のある人に向いている。特に英語は実践力を養うことに重点がおかれている。

<芸術・文化系列> 
音楽・美術・演劇・ダンスなど、各芸術分野の科目が用意されている。実技や制作を中心に学習する。

<自然科学系列> 
理科系・医薬系の大学や看護系の大学等を目指す人に適している。数学や理科の実験・実習を中心に学習する。

<社会・経済系列>
法律・政治・経済・国際関係・文学・哲学・歴史・心理・教育・福祉など「人間と社会について探究する」分野を学習する。

進路 - 大学や就職先など卒業後の進路(2017年3月)

夏期休業中に2週間の補習を行う。約40講座に約1,000名ほどが参加。

専任のキャリアカウンセラーによるきめ細かい進路指導も実施している。

★卒業生の進路状況
<卒業生234名>
大学119名、短大13名、専門学校67名、就職9名、その他26名

★卒業生の主な合格実績
 東京外国語大、東京海洋大、東京学芸大、東京藝術大、筑波大、山梨大、首都大学東京、青山学院大、慶應義塾大、工学院大、國學院大、駒澤大、上智大、女子美術大、専修大、成蹊大、成城大、多摩美術大、中央大、東京造形大、東京電機大、東京理科大、東洋大、日本大、日本女子大、日本女子体育大、日本体育大、法政大、武蔵大、武蔵野美術大、明治大、明治学院大、立教大、早稲田大

♣指定校推薦枠のある大学・短大など♣ 
青山学院大、上智大、中央大、法政大、専修大、東京造形大、東洋大、日本大、日本体育大、大東文化大、神田外語大、共立女子大、女子美術大 他

部活動 - 設置されている部・同好会・活動の様子

1年生は全員参加制。 女子サッカー部は全国大会ベスト8・関東大会優勝の実績がある(平成23・24年度など)。

平成29年度は、水泳部がインターハイに出場した。 剣道部が都高体連剣道専門部の第三支部大会で1年女子団体が優勝。 ダンス部が東京都舞踏研究発表会で優秀賞を受賞した(6年連続)。
平成28年度には、剣道部が関東大会に出場した。 また、演劇部は東京都演劇コンクール中央大会に出場した。

★設置部(※は同好会)
ソフトテニス、硬式テニス、剣道、陸上、サッカー(男女)、バスケットボール、バレーボール(女)、バドミントン、ソフトボール、ダンス、弓道、水泳、ハンドボール、※卓球、美術・工芸、茶道、吹奏楽、箏曲、合唱、演劇、放送、フリーライティング、クッキング、服飾、生物、天文、写真、百人一首、ボランティア、※パソコン、※書道

行事 - 文化祭や体育祭など、生徒に人気の高い行事を紹介

体育祭や文化祭など、行事はすべて生徒が主体的に行っている。

4月 フレッシュマンキャンプ(1年)、遠足
5月 体育祭
8月 部活動合宿
9月 晴海祭(文化祭)
12月 課題研究発表会(3年)、芸術鑑賞教室
2月 修学旅行(2年・九州方面)、ライフプラン発表会(1年)

学校見学 - 学校の空気に触れられるチャンスを紹介(2017年度実施内容)

★学校見学会 7・8月各2回
★学校説明会 10・12・1月各1回、11月2回
★晴海祭 9月 見学可
★学校見学は水曜日を除く平日14時から。長期休業中は10時または14時から。(要予約)

トピックス - 上記の項目の他に学校の雰囲気が伝わる話題を紹介

平成8年開校。27年に開校20周年を迎えた。海の玄関口晴海に臨み、コバルトブルーの校舎が美しく建ち並んでいる。

本校では生徒の自主性、自立性を重んじ、チャイムは鳴らさない。自発的な行動と成果をあげることが期待されている。

「東京都公立高校入試完全ガイド」から掲載内容を少しだけお届け!

その他の都立晴海総合高等学校情報

アクセスマップ

公式サイト

都立晴海総合高等学校公式サイトはこちら