都立山崎高等学校の学校情報

英語検定・数学検定・漢字検定に積極的に取り組み、いずれも2級・準2級・3級の合格者を出している。

学校所在地
町田市山崎町1453-1
最寄り駅
小田急線・JR横浜線町田駅 JR横浜線古淵駅
電話番号
042-792-2891
関連カテゴリ
共学 / ★★(偏差値50程度まで) / 都立 / 普通科 / 高校名「ま」行 / 横浜線 / 町田市 / 小田急小田原線

カリキュラム - 設置学科やコース、勉強の進め方、教育の特色

三学期制

英語(1〜3年)、数学(1・2)では、習熟度別授業を展開。

1年次では、芸術科目以外は全員共通履修。
2年次には文系・理系の系統別選択を設定。また、必履修選択科目として、古典A・数学B・音楽Ⅱ・美術Ⅱ・書道Ⅱ・小論文基礎の中から1科目を選ぶようになっている。
3年次では必修科目の他に最大14単位の自由選択科目が設置され、各自の進路希望に応じて選択できる。

英語検定・数学検定・漢字検定に積極的に取り組み、いずれも2級・準2級・3級の合格者を出している。

グローバル教育の推進に取り組んでいる。

進路 - 大学や就職先など卒業後の進路(2017年3月)

進路指導部で以下のような行事を組み、進路希望実現のためのサポート体制をとっている。

<1・2年>
進路希望調査、学習支援テスト(1・2年)、進路説明会、個人面談、看護一日体験、インターンシップ(1年)、進路適性検査(1年)、実力テスト、看護医療系進学ガイダンス、就職・公務員ガイダンス(2年)、看護・医療系模試(2年)、分野別説明会、卒業生懇談会
<3年>
進路希望調査、進路分野別説明会(大学・短大・専門学校・就職・公務員)、職業適性検査(就職希望者)、三者面談、専門学校相談会、看護一日体験、オープンキャンパス・学校説明会参加、模擬面接説明会、模擬面接、センター入試説明会、公開模擬テスト参加

全学年に「進路の手引き」を用意。補習も随時行っている。 「進路の手引き」を配布するほか、分野別の進路説明会、進路行事などを実施して、進路選択に役立てている。

模擬面接や小論文の指導も行い、万全を期している。

夏休みには講習等が行われる。一般入試受験対策を月3回ほど実施。

★卒業生の進路状況
<卒業生227名>
大学101名、短大16名、専門学校63名、就職22名、その他25名

★卒業生の主な進学先
亜細亜大、桜美林大、大妻女子大、神奈川大、神奈川工科大、関東学院大、杏林大、工学院大、国士舘大、駒沢女子大、相模女子大、産業能率大、実践女子大、松蔭大、城西大、成城大、専修大、大正大、高千穂大、拓殖大、多摩大、玉川大、帝京大、東海大、東京医療学院大、東京工科大、東京工芸大、東京電機大、日本大、日本女子体育大、法政大、武蔵野大、明星大、横浜創英大、和光大

♣指定校推薦枠のある大学・短大など♣ 
桜美林大、神奈川大、工学院大、国士舘大、専修大、東海大、東洋大、日本大、武蔵野大 他

部活動 - 設置されている部・同好会・活動の様子

約7割が参加(1年次は全員加入)。

最近の主な実績は以下のとおり。
平成29年度
アーチェリー部が個人の部で国体、全国選抜大会、関東大会に出場。 関東選抜大会にも出場し2名が5位に入賞した。 男子バレーボール部、ダンス部も実績を残した。
平成28年度> 
アーチェリー部が関東大会に出場した。 また、演劇部は地区予選を勝ち抜き、関東大会に出場した。
平成27年度> 
アーチェリー部が関東大会に出場した。

★設置部(※は同好会)
サッカー、陸上競技、ソフトボール、ハンドボール、バレーボール、バスケットボール、バドミントン、体操、剣道、、卓球、水泳、硬式テニス、アーチェリー、硬式野球、ダンス、吹奏楽、茶道、フラワーアレンジメント、漫画研究、演劇、美術、機械研究、※ESS

行事 - 文化祭や体育祭など、生徒に人気の高い行事を紹介

体育祭は生まれ月によって春夏秋冬の4団に分かれ、例年白熱した競技を行う。 特に、各学年の演目(1年山高体操、2年男子:組体操/女子:ダンス、3年ショータイム)については、地域の皆様を初めとする外部の方々からも高い評価をいただいている。

5月 遠足
6月 体育祭
7月 芸術鑑賞教室
9月 山高祭(文化祭)
2月 マラソン大会(1・2年)

学校見学 - 学校の空気に触れられるチャンスを紹介(2017年度実施内容)

★授業体験・部活動見学・体験 8月、10月、11月
★学校説明会 10・11・12・1・2・3月各1回
★山高祭 9月 見学可
★学校見学は随時可(要連絡)

トピックス - 上記の項目の他に学校の雰囲気が伝わる話題を紹介

校訓は「克己・高志・協働・敬愛」。 学校行事や部活動などに熱心に取り組むと同時に、進路指導の充実も図っている。

「部活・地域でコラボレーション」をテーマとして、地域行事や特別支援学校との交流を行っている。

平成29年度オリンピック・パラリンピックアワードとなった。

突撃取材!学校の先生に聞きました!!

入試に向けてこんな準備をしてほしい

英語

都立高校入試の英語は、過去3年大きく変わりました。
英文の量が多く、スピードが要求されます。またグラフを読み取ったり、会話文を理解する必要もあります。

まずは、都立高校の過去3年間の問題を解いてみることをお勧めします。
また、日ごろより教科書だけではなく、「長文を読む」ことに慣れておく必要があります。
必ずしも、難しい英文を読む必要はありません。好きなDisneyの映画を字幕を付けて何度も見ることも「英語に慣れる」ことになります。

また、書店に足を運び、自分のレベルにあった長文問題集を購入して、限られた時間の中で演習問題を解くことに慣れる必要もあるでしょう。
2020年を見据え、外国からの留学生やお客様におもてなしをする設定の英文も毎年見受けられます。日ごろより、そのようなテーマの英文に触れておくことも対策となるでしょう。

リスニングは、レベルが高いです。日ごろより10分でもよいので、英会話を聞くことに慣れておくことが必須です。
本校でも英語の授業で「会話力を磨く授業」を設定しております。受験生は、YouTube等にも良い教材がありますので、無料で活用できるリスニング教材で日々英語の音に慣れておくことをお勧めします。

数学

例年、数と式、関数、平面図形、空間図形、資料の活用の各領域から知識・理解を問われる問題が出題されています。
また、数学的活動の場面をもとに、その見方や考え方に基づいて考察し、処理する力や、その過程を的確に表現する力を見る問題も出題されています。

このように学力検査では広範囲から万遍なく出題されますが、大切なことは基礎・基本です。
基礎・基本をしっかり身につけて確実に得点を重ねることが合格への近道です。学習事項の反復を繰り返し内容を定着させましょう。

国語

基礎的な国語の力を身につけておいてほしいと思います。漢字を筆順や部首にも注意しながら学習する、多くの文章を読みわからない言葉が出てきたら調べる、などを日常的に実践してください。

読解問題を解いたら、なぜその答えになるのか考え方のプロセスを大切にしてください。
基本的なことですが、その積み重ねをしていくことでバランスよく国語の力がつき、入学後の学習にも役立っていくはずです。

学校説明会のおすすめポイント

  • 平成30年12月15日(土) 学校説明会
    時間:10時00分~11時10分 内容:学校紹介・部活動見学実施予定
    事前申込は不要です。
  • 平成31年1月12日(土) 学校説明会
    時間:10時00分~11時10分 内容:学校紹介・校内見学
    事前申込は不要です。

山崎高校の特徴

1: 学力向上に向けた取り組み

1・2年生では英語と数学で、3年生では英語で習熟度別授業を行っています。また、平成30年度より、アクティブ・ラーニング推進校に指定されています。
授業ではICTを活用して、思考力・判断力・表現力の育成を図るために言語活動を重視し、生徒一人一人が主体的に学ぶアクティブ・ラーニング形授業の導入をしています。

2: 徹底した生活指導

本校では中学校の生活指導に準じて、頭髪・装身具・身だしなみ等の生活指導を行っています。

3: 進路指導の充実

3年間を見通したキャリア教育を実施し、「社会的・職業的自立支援教育プログラム」を活用した外部講師による体験活動を実施しています。
1学年では国際ロータリークラブと連携したインターンシップ体験(職業体験)、第2学年ではキャリアガイダンスによる具体的な進路選択の決定、3年生では確かな進路実現に向けた細やかな指導を行っています。

平成30年3月卒業の33期生は約90%の生徒が進路を決定して卒業しました。その内訳は、大学・短大進学者が53%、専門学校35%、就職12%となっています。
上級学校への受験方法は様々ですが、学校行事や部活動、生徒会活動に積極的に取り組み、その後も地道に努力を続けた生徒はしっかり自分の進路を実現させています。

山崎高校進路実現画像

4: 充実した特別指導

体育祭は集団実演の練習や、生まれ月で編成された団の活動を通し、互いを思いやる心や精神力、行動力が育つことを期待し体育祭へ向けての教育活動を行っています。

山高祭は、クラスや部活、委員会が主体となり文化の担い手としての自覚をもとに活動に取り組むことを目標としています。
集団で一つのことに取り組むことで、人間性や社会性を身に付けてくれることを期待しています。

学校のここに注目してほしい

学習

  • 授業にはICTの活用がなされている。
  • アクティブ・ラーニング形授業を積極的に導入している。
    本校は平成30年より、アクティブラーニング推進校に指定を受けました。
    本校では校内研修を経て決定されたグラウンドデザインで、目指すべき生徒像として決定された「変化する社会に柔軟に対応し、共に挑戦し続ける生徒」の育成を目指して、授業が行われています。
    • 授業風景

      山崎高校倫理授業風景

      山崎高校化学授業風景

      ▲倫理や化学の授業では、生徒間でのグループワークやディスカッション等で授業内容の理解を深めたり、意見の交換を行ったりしている。

      山崎高校国語授業風景1

      山崎高校国語授業風景2

      ▲国語の授業では、読む、書く、話す等の活動を取り入れながら、自分の考えをまとめたり表現したりすることに力を入れている。

      山崎高校英語授業風景1

      山崎高校英語授業風景2

      ▲英語の授業では、Global Classmatesのプログラムを利用し、海外で日本語を学ぶ高校生とオンラインで交流を行っている。

      • 防災活動のリーダーとして活躍できる人材の育成を目指し、「合同防災キャンプ2018」を実施している。
      • オリンピック・パラリンピック教育が優れたと認められ、本校は平成30年度より、オリンピック・パラリンピック教育アワード校に指定を受けました。
      • 英語検定、漢字検定、数学検定を校内受検の実施。

      部活動

      • 全国高等学校演劇競技会長賞/審査員特別賞(2016年演劇部)
      • 全国中学校高等学校ダンスコンクール 準入賞 第4位 (2017年ダンス部)
      • 第65回東京都高等学校舞踊研究発表大会 優秀賞 (2018年ダンス部)
      • 東京都高等学校総合体育大会男子団体 準優勝 (2018年アーチェリー部)
      • 全国高等学校総合体育大会アーチェリー競技大会出場 (2018年アーチェリー部)
        本校は平成30年度より、スポーツ特別強化校(アーチェリー)に指定を受けました。

      施設

      • 平成30年1月より、グラウンドの全面改修工事が行われ、グラウンドの土の入れ替え、緑地化が図られました。

「東京都公立高校入試完全ガイド」から掲載内容を少しだけお届け!

その他の都立山崎高等学校情報

アクセスマップ

公式サイト

都立山崎高等学校公式サイトはこちら