都立大泉高等学校の学校情報

平成22年度に大泉高等学校附属中学校が開校 中高一貫教育校へ改編

学校所在地
練馬区東大泉5-3-1
※現在、システムの不具合により、ページ下部の地図が正しく表示されておりません。大変申し訳ございません。
最寄り駅
西武線大泉学園駅
電話番号
03-3924-0318
関連カテゴリ
共学 / ★★★★(偏差値60から70程度まで) / 都立 / 普通科 / 高校名「あ」行 / 練馬区 / 西武池袋線

カリキュラム - 設置学科やコース、勉強の進め方、教育の特色

三学期制

50分6時限授業を基本とする。週1回7時間授業。年間約27回の土曜日には、4時間の授業がある。

1年次は国、数、英の教科を重点的に学び、基礎学力の充実を図る。
2年次から応用力の養成に力をいれ、大学受験を意識した取組みを行う。
3年次は、自由選択の中から、一人ひとりの生徒が自分の進路に合わせて希望する授業を選択する。

数学Ⅰ(1年)、数学Ⅱ(2年)、数学Ⅲ(3年)、英語表現Ⅱ(2・3年)は習熟度別・少人数授業で、英語表現Ⅰ(1年)は少人数授業で行う。

 

進路 - 大学や就職先など卒業後の進路(2019年3月)

各学年ごとに年に1〜2回進路講演会を開催。

2年生を対象に大学見学会・学部ガイダンスを実施。

進路ニュースを定期発行する他、HRでの進路課題への取り組み、進路懇談会を実施するなど、1・2年次において進路を考える動機づけに力を入れている。

3年次では、HR担任、教科担任、進路指導部の教員を中心に、個人面談や三者面談を通して丁寧な指導・アドバイスを行っている。

★卒業生の進路状況(令和元年3月卒)
<卒業生194名>
大学137名、短大0名、専門学校2名、就職0名、その他57名

★卒業生の主な合格実績
秋田大、東北大、千葉大、電気通信大、京都大、大阪大、神戸大、筑波大、茨城大、埼玉大、お茶の水女子大、東京大、東京外国語大、東京学芸大、東京工業大、東京農工大、首都大学東京、早稲田大、慶應義塾大、青山学院大、学習院大、上智大、成蹊大、中央大、東京慈恵会医科大、東京女子大、東京理科大、日本歯科大、日本女子大、法政大、明治大、明治学院大、明治薬科大、立教大

♣指定校推薦枠のある大学・短大など♣
首都大学東京、早稲田大、青山学院大、学習院大、北里大、津田塾大、中央大、東京理科大、法政大、明治大、明治薬科大、立教大 他

部活動 - 設置されている部・同好会・活動の様子

兼部している生徒もいるため、部活動への参加率は120%を超える。

最近の主な実績は以下のとおり。
令和元年度
合唱部 全国大会(さが総文)出場。
日本文化部(華道)関東大会出場。吹奏楽部 全日本マーチングコンテスト東京大会銀賞。
平成30年度
写真部 関東大会出場。
平成27年度・29年度
将棋部 全国大会出場。

★設置部(※は同好会など)
バスケットボ−ル、バレーボール(女)、卓球、ソフトテニス、硬式テニス、剣道、陸上競技、サッカー(男女)、ラグビー、水泳、硬式野球、バドミントン、ダンス、山岳、美術、演劇、写真、科学、合唱、文芸、日本文化、吹奏楽、天文、フォークソング、調理、漫画研究、軽音楽、将棋、※ストリートダンス

行事 - 文化祭や体育祭など、生徒に人気の高い行事を紹介

修学旅行は、1年次より事前学習を重ね、体験学習、自然文化学習を行う中身の濃い4日間の行事である。 令和元年度は台湾で実施予定。

4月 新入生歓迎会
5月 体育祭
6月 校外学習(2、3年)、勉強合宿(1年)
7月 大学訪問(2年)、クラブ合宿(〜8月)
8月 夏期講習
9月 文化祭
11月 修学旅行(2年)
2月 合唱コンクール(1・2年)
3月 球技大会(1・2年)

学校見学 - 学校の空気に触れられるチャンスを紹介(2019年度実施内容)

★学校見学会 6月1回・ 8月3回
★学校説明会 10・11月各1回
★個別相談会 1月1回
★文化祭 9月 見学可
★学校見学は平日のみ随時可(要連絡)
★授業公開 11月

トピックス - 上記の項目の他に学校の雰囲気が伝わる話題を紹介

昭和16年、東京府立第二十中学校として創立。以来、自主自律」「文武両道の伝統を受け継ぎ今に至る。

正門から130mの桜並木が美しい。静かな住宅地のなかにあって広大な敷地と豊かな自然に恵まれ、学習環境は充実している。

校舎は平成24年に全面改築。グランドは全面人工芝。オムニテニスコートが6面ある。

400人収容できる視聴覚ホール、野外ステージ、天文ドーム、食堂、和室、柔道場も整っており、図書館には40,000冊以上の蔵書がある。

平成22年度に大泉高等学校附属中学校が開校し、併設型の中高一貫教育校へ改編された。

クラス編成は中学からの内進生と高校からの高入生の混合クラス。

令和元年度は、英語教育推進校(平成28年度~)、知的探究イノベーター推進校(平成29年度~)、BYOD研究指定校(平成30年度~)、海外学校間交流推進校、オリンピック・パラリンピック文化プログラム・学校連携事業実施校、文化部推進校(将棋部門)の各指定を受けている。

突撃取材!学校の先生に聞きました!!

入試に向けてこんな準備をしてほしい

本校はグループ問題(英(リスニングを除く)、数、国)を採用しています。
東京都または本校のホームページから過去の問題が見られますので、参考にしてください。

学校説明会のおすすめポイント

6月、8月、10月の学校見学会、学校説明会は生徒会の生徒による学校紹介があります。
生徒の生の声をお聞きください。

学校のここに注目してほしい

「探究の大泉」というスローガンのもと、1年生と2年生に「探究と創造(Quest&Creativity)」の授業があります。学問分野によらない普遍的な探究の手法を身につけ、探究能力や知的体力の伸長を図ります。
1年生の6月に2泊3日の「探究合宿」でQCについて理解を深めます。
様々な活動と年間通してのゼミ活動で「創造力」を養います。GPSアカデミックも受検しています。

「東京都公立高校入試完全ガイド」から掲載内容を少しだけお届け!

その他の都立大泉高等学校情報

ギャラリー

  • 都立大泉高等学校ギャラリー

  • 都立大泉高等学校ギャラリー

  • 都立大泉高等学校ギャラリー

  • 都立大泉高等学校ギャラリー

アクセスマップ

公式サイト

都立大泉高等学校公式サイトはこちら