都立五日市高等学校の学校情報

実技や実習を行う科目を中心に、少人数制授業を実施

学校所在地
あきる野市五日市894
最寄り駅
JR五日市線武蔵五日市駅
電話番号
042-596-0176
関連カテゴリ
共学 / ★★(偏差値50程度まで) / 都立 / 普通科 / 商業科 / その他学科 / 高校名「あ」行 / 五日市線 / あきる野市

カリキュラム - 設置学科やコース、勉強の進め方、教育の特色

三学期制

実技や実習を行う科目を中心に、少人数制授業を実施。

1教科を複数の教員が指導するティームティーチング(TT)制を導入。

総合学習では「地球環境」をテーマに、地域山林の保全活動を目的とし、近くの山に入り、間伐作業と下草刈作業の実習や近隣の自然環境を利用した炭焼き、陶芸、木彫を行っている(年に2回)。

情報処理や簿記会計などに関し、検定合格を目標とする科目を設置。

商業科の1年生は、簿記・情報処理(表計算)・ワープロ・商業経済の検定について、それぞれ3級取得を目指す。
商業科2・3年次の簿記コースでは、関連資格の2級・1級取得を目指す。

★普通科<ことばと情報のコース> 
重点科目は以下の3つ。
①日本語活用
聞く・話す・書くといったコミュニケーション技術を高める。
②メディア活用
いろいろな情報媒体を活用し、情報を選択する力を養う。
③情報処理
身近になったコンピュータの活用能力を高める。

★商業科
2年次より、「簿記」と「情報」の2コースに分かれて学習。
3年次の「総合実践」の授業では、生徒一人ひとりが会社を経営し、市場取引を模擬体験。

進路 - 大学や就職先など卒業後の進路(2017年3月)

小論文や面接のていねいな指導、外部講師の講演会などを計画的に実施。進路希望実現率100%を目指す。

夏休みには希望者に、国数英の補習を実施。

2年の総合学習としてキャリアプランニングを開講。

地域行事「ヨルイチ」において、各店舗でインターンシップを行ったり、店を出したりしている。

就職についても高い内定率を維持。

★卒業生の進路状況
<卒業生129名>
大学12名、短大5名、専門学校53名、就職47名、その他12名

★卒業生の主な進学先 
大妻女子大、嘉悦大、杏林大、駿河台大、西武文理大、専修大、明星大、和光大 他

♣指定校推薦枠のある大学・短大など♣ 
嘉悦大、杏林大、駿河台大、西武文理大、高千穂大、日本文化大、明星大、和光大 他

部活動 - 設置されている部・同好会・活動の様子

全員参加制(1年生のみ)。 ウェイトリフティング部が強く、関東大会出場の実績を持つ。

★設置部(※は同好会)
ウェイトリフティング、バレーボール(女)、バドミントン、テニス、サッカー、野球、水泳、バスケットボール、ダンス、軽音楽、イラスト、華道、茶道、家庭科、科学、箏曲、吹奏楽、陶芸、演劇、※鉄道研究

行事 - 文化祭や体育祭など、生徒に人気の高い行事を紹介

新入生ハイクは五日市の山々を散策。2年生は同じ時期、総合学習・環境教育の一環として林業を体験。

合唱祭については、開催の1週間前にリハーサルと合唱鑑賞会を実施。

マラソン大会は、紅葉の秋川渓谷を走る。

4月 修学旅行(3年)
5月 新入生ハイク、下草刈体験(2年)
6月 合唱鑑賞会、合唱祭
8月 部活動合宿
9月 五高祭(文化祭)
10月 体育祭、間伐体験(2年)
11月 マラソン大会
12月 遠足(3年)、映画鑑賞教室(2年)、国語科文化行事(1年)
1月 総合学習発表会(2年)
2月 送別会
3月 総合学習発表会(2年)、百人一首大会(1年)、校外活動(1年)、遠足(2年)

学校見学 - 学校の空気に触れられるチャンスを紹介(2017年度実施内容)

★サマーセミナーin五高 7月1回
★夏の学校見学会 8月2回
★学校説明会 11・12・1月各1回
★文化祭 9月 見学可
★学校見学は可・指定日時有(要連絡)

トピックス - 上記の項目の他に学校の雰囲気が伝わる話題を紹介

五日市高校は、都立校唯一の普通科・商業科併設校。 少人数で授業を受けられるなど、面倒見がよい学校である。 普通科(ことばと情報のコース)は、コミュニケーションとIT活用の能力の育成を図っている。

CALL教室・パソコン室・ワープロ室などパソコンルームが5教室あり、合計160台のパソコンが揃っている。

林業体験やラフティング(キャニオニング)などの、自然環境を活かした体験授業を実施している。

「東京都公立高校入試完全ガイド」から掲載内容を少しだけお届け!

その他の都立五日市高等学校情報

アクセスマップ

公式サイト

都立五日市高等学校公式サイトはこちら