都立両国高等学校の学校情報

110余年の歴史を有する伝統校

学校所在地
墨田区江東橋1-7-14
最寄り駅
JR総武線・東京メトロ錦糸町駅 都営地下鉄住吉駅・菊川駅
電話番号
03-3631-1815
関連カテゴリ
共学 / ★★★★(偏差値60から70程度まで) / 都立 / 普通科 / 高校名「ら」行 / 中央線 / 墨田区 / 総武線 / 半蔵門線 / 都営新宿線

カリキュラム - 設置学科やコース、勉強の進め方、教育の特色

三学期制

「どこよりも授業を大切に」を合言葉に、進路実現のため、レベルの高い授業を行っている。

教育課程の特徴は以下の通り。
1.  1・2年次は文系・理系のコース分けは行わず、多くの共通科目を学び学力を充実させる。
2.  1年次の英語の授業は週6時間、国語・数学の授業は週5時間。
3.  2年次において、社会(世界史)と理科(物理・化学)の5単位分の選択制を導入。
4.  1年次の芸術では、音楽・美術・書道の中から選択。
5.  家庭科の授業は1年次で学習。

3年次からは国公立大希望、私立大希望など進学希望にあわせて文科系と理科系に分かれ、自由選択科目が設置され、問題演習が強化される。

進路 - 大学や就職先など卒業後の進路(2017年3月)

上位校を目指す生徒が多く、難関大学へは多くが現役で進学する。また国公立大への進学者が多いことも特徴である。現役進学率は常に80%超。卒業生の約30%が現役で国公立大へと進学していく。

東京大、千葉大、早稲田大、慶應義塾大、東京理科大などに対応する実力判定を目的とし、本校教師のオリジナル問題による実力考査を1年次に2回、2年次に3回、3年次に3回実施している。

長期休業中に集中的に講習を行っている。夏休みには75講座以上を開講して成果をあげている。

早朝や放課後、土曜日に、各学年、各教科で授業で扱えなかったハイレベルな内容や不十分な箇所についての補習や講習を行っている。土曜授業も月2回程度、年間20回実施。

長年の進路実績のデータ、入試情報、学習方法などを記載した「進路の手引き」「進路指導資料」を配布している。

難関大学の現役合格者20名ほどを招いて身近な体験談を聞く進学懇談会を、6月に実施している。

★卒業生の主な合格実績
東京大、北海道大、新潟大、名古屋大、広島大、大阪大、琉球大、埼玉大、千葉大、筑波大、東京外国語大、東京海洋大、東京学芸大、東京工業大、東京農工大、一橋大、横浜国立大、首都大学東京、早稲田大、慶應義塾大、青山学院大、学習院大、国際基督教大、上智大、中央大、東京理科大、法政大、明治大、立教大

♣指定校推薦枠のある大学・短大など♣ 
首都大学東京、早稲田大、慶應義塾大、青山学院大、学習院大、中央大、東京理科大、法政大、明治大、立教大 他

部活動 - 設置されている部・同好会・活動の様子

約95%が参加。弓道部は関東大会に出場したことがある。

平成26年度は、美術部が全国高校総合文化祭に出展した。

★設置部 
陸上競技、水泳、硬式野球、ソフトボール、サッカー、硬式テニス、ハンドボール、バレーボール、バスケットボール、バドミントン、剣道、卓球、山岳、弓道、生物、美術、管弦楽、合唱、ギター、茶華道、コンピューター、演劇、文学、放送、漫画研究、料理、地学、社会科研究、ジャズ研究

行事 - 文化祭や体育祭など、生徒に人気の高い行事を紹介

どの行事も実行委員会が中心となって自主的に運営されている。

5月 遠足
6月 両国祭(体育祭)
7月 球技大会
9月 両国祭(文化祭)
12月 スキー教室(1年・希望者)
2月 合唱コンクール
3月 修学旅行(2年)、芸術鑑賞教室(1年)

学校見学 - 学校の空気に触れられるチャンスを紹介(2017年度実施内容)

★学校見学会 6月1回
★学校説明会 10・11月各1回
★個別相談会 1月1回
★授業公開 6・12・1月各1回 10・11月2回
★両国祭 9月 見学可
★グループ作成問題解説会 11・12月各1回
★学校見学は可(要連絡)

トピックス - 上記の項目の他に学校の雰囲気が伝わる話題を紹介

明治34年、東京府第三中学校として創立。昭和25年に東京都立両国高等学校と改称し、現在に至る。110余年の歴史を有する伝統校である。

平成18年度より、附属中学校を併設した中高一貫6年制学校へと移行した。

高入生(高校段階で入学)と中入生(附属中学校から進学)を混合したクラス編成だが、1年次の数学と英語の授業は習熟度別で実施し、また高入生対象の補講も行われるので、学習面の不安はない。

「三高教室」という本校独特の生徒向け出版物を年1回発行している。広く教養を高めるため、教職員が執筆している。

平成21年度より制服が中高一貫の新しいものに変わった。

突撃取材!学校の先生に聞きました!!

入試に向けてこんな準備をしてほしい

学習指導要領に定められた、中学校で学習する範囲の中から出題されますので、授業で習ったことをしっかり理解してください。
本校のHPに国語・数学・英語の過去3年間の問題が載っていますので、チャレンジして傾向をつかむとよいでしょう。

学校説明会のおすすめポイント

6月の見学会では生徒会役員が、10月の説明会では卒業生が、11月の説明会では次年度に附属中学から入学する生徒と、現高校1年生の高校から入学した生徒の保護者・附属中学校から入学した生徒の保護者が、両国高校の本当(生)の様子を話してくれます。

また、歓迎演奏として、管弦楽部、合唱部、ジャズ研究部が校歌や名曲を演奏します。

学校のここに注目してほしい

多くの生徒が塾や予備校に通わず、授業を大切に(予習・復習)し学校での講習や補習を受け、自習室を利用し大学受験に臨みます。

ほとんどの教員が公募で集まってくるので授業力が高く、休み時間や放課後も生徒の質問や相談に熱心に対応しています。

また、勉強だけでなく行事や部活動もとても盛んです。

「東京都公立高校入試完全ガイド」から掲載内容を少しだけお届け!

その他の都立両国高等学校情報

アクセスマップ

公式サイト

都立両国高等学校公式サイトはこちら