都立世田谷総合高等学校の学校情報

世田谷地区に初めての全日制総合学科高校として、平成20年4月開校

学校所在地
世田谷区岡本2-9-1
最寄り駅
東急田園都市線大井町線・二子玉川駅 小田急線成城学園前駅
電話番号
03-3700-4771
関連カテゴリ
共学 / ★★(偏差値50程度まで) / 都立 / その他学科 / 高校名「さ」行 / 世田谷区 / 東急大井町線 / 東急田園都市線 / 小田急小田原線

カリキュラム - 設置学科やコース、勉強の進め方、教育の特色

三学期制

1年次は必履修科目の授業が中心となるが、2年次から総合学科高校の特色でもある約100科目の選択科目から履修。基礎的科目の他に大学受験対応演習科目、系列専門科目、ものづくりなどのユニークな学校設定科目を多数用意。

異文化理解に関する学習、コミュニケーションやプレゼンテーションに関する学習、課題研究を行うなど、特色ある教育活動を展開する。

50分授業。英語・数学は習熟度別・少人数制授業。

調査・発表・実験・実習などの体験的・主体的学習を重視。

選択科目は社会・教養(文系大学進学に対応)、環境・サイエンス(理系大学進学に対応)、国際・文化理解(語学・比較文化系学部の大学進学に対応)、情報デザイン(情報・工学系の進学に対応)、ライフデザイン(保育・家政・福祉・体育系の進学に対応)、ものづくり(美術・工芸・デザイン系の進学に対応)の6つの系列に分かれている。 その中でもものづくり系列は教員・市民講師計10名以上を配置し、設備も充実している。

コース制とは異なるため、系列に縛られず、自分の適性や進路に合わせて自分に最適な時間割を2・3年次に向けて作成する。

選択科目を工夫することで、国公立や私立、文系や理系などそれぞれの大学入試に合わせた科目選択が可能。

英語検定、TOEICなどに対応した選択科目を設定。

「自学自習の習慣の定着」を目指し、定期考査間近の土曜日を中心に「世田総土曜寺子屋」を実施している(年間22回)。

進路 - 大学や就職先など卒業後の進路(2017年3月)

総合学科の必修科目「産業社会と人間」を計画的に進めて職業理解を深めるとともに、各生徒の職業意識を育成する。進路実現に向けて自主・自律の態度を身につけるよう、日頃から学校全体として工夫した教育をしている。

キャリアアドバイザーを配置し、生徒が常時相談可能な体制を整える。

日常的な補習の他に、長期休業中の講習、週末課題によって学力の充実を図る。また、土曜日には外部講師による土曜教室講座を年22回実施。

「産業社会と人間」の授業では、1年次に将来の夢の実現のためキャリア学習を行う。2年次から自分の適性・進路先に合わせた自分だけの時間割づくりに全教員が助言。

★卒業生の進路状況
<卒業生224名>
大学90名、短大14名、専門学校83名、就職12名、その他25名

★卒業生の主な合格実績
東京農工大、東京芸術大、電気通信大、東京学芸大、神奈川大、杏林大、国士舘大、駒澤大、実践女子大、女子美術大、専修大、多摩美術大、東海大、東京農業大、東洋大、獨協大、二松學舎大、日本大、日本体育大、武蔵野大、武蔵野美術大、明治大、立正大

♣指定校推薦枠のある大学・短大など♣ 
神奈川大、実践女子大、東海大、東京福祉大、日本大、日本体育大、武蔵野音楽大、立正大 他

部活動 - 設置されている部・同好会・活動の様子

約8割が参加。 平成29年度は、演劇部が短編都大会で最優秀賞。吹奏楽部が東京都高等学校吹奏楽コンクールで金賞を受賞した。 また、写真部は全国大会に出場した。平成28年度には、演劇部が都大会で優秀賞。 ダンス部が全国大会に出場し、日本高校ダンス部選手権では横浜市長賞を受賞した。

★設置部(※は同好会)
弓道、剣道、硬式テニス(男女)、サッカー(男女)、ソフトボール、ダンス、軟式野球、バスケットボール(男女)、バドミントン、バレーボール(男女)、陸上競技、水泳、演劇、クッキング、軽音楽、放送、文芸、化学、美術、写真、吹奏楽、伝統文化、漫画研究、コーラス、※百人一首、※クリエイト、※トレーニング

行事 - 文化祭や体育祭など、生徒に人気の高い行事を紹介

5月 体育祭
9月 文化祭
2月 合唱祭、修学旅行(2年)
3月 芸術鑑賞教室

学校見学 - 学校の空気に触れられるチャンスを紹介(2017年度実施内容)

★学校説明会 10・11・12月各1回
★学校見学会・体験授業 7月2回
★授業公開 6・11月各1回
★文化祭 9月 見学可
★入試相談会 1月1回
★学校見学は随時可(要連絡)

トピックス - 上記の項目の他に学校の雰囲気が伝わる話題を紹介

世田谷地区に初めての全日制総合学科高校として、平成20年4月開校。

冷暖房完備の講義室、国際交流室やパソコン室が5部屋、ものづくり棟、体育館が2つ、保育実習室、福祉実習室等の充実した施設・設備がある。

生活マナーを重視。 ノーチャイム・ノー放送により自主・自律の態度を育む。また、身だしなみや言葉遣い等の指導で規範意識を育てる。

学校全体として環境教育に重点。日常生活での環境問題を意識付ける。 制服は濃紺3つボタンブレザー。

平成26年度から都教育委員会による部活動推進指定校となっている。

スポーツ等特別推薦入試が女子サッカー部とダンス部を対象に実施されている。

突撃取材!学校の先生に聞きました!!

入試に向けてこんな準備をしてほしい

都立高校入試に向けて、日々の学習と過去問でしっかり対策をすること。

学校説明会のおすすめポイント

・説明会では、学校の概要について説明をします。
・生徒による実演があります。吹奏楽部の演奏、ダンス部のダンス、女子サッカー部の実技披露など、文化・スポーツ推薦等で活躍している部活が登場します。
・広い敷地の中にあるさまざまな専門施設を見学することが可能です。
・全体会のあとには個別相談も実施しています。

学校のここに注目してほしい

・大学受験対応演習科目、系列専門科目、ものづくりなどのユニークな学校設定科目を多数設置しています。
・系列専門科目を学習するために、専門の施設があり、充実した授業を行うことができます。
・近年はものづくり(美術・工芸・デザイン系)に力を入れており、多摩美術大学と高大連携教育校になっています。

「東京都公立高校入試完全ガイド」から掲載内容を少しだけお届け!

その他の都立世田谷総合高等学校情報

アクセスマップ

公式サイト

都立世田谷総合高等学校公式サイトはこちら