都立三田高等学校の学校情報

20,000名を超える多彩な卒業生を有する伝統校

学校所在地
港区三田1-4-46
最寄り駅
都営地下鉄赤羽橋駅・芝公園駅 JR山手線・京浜東北線田町駅、都営地下鉄三田駅、東京メトロ麻布十番 駅
電話番号
03-3453-1991
関連カテゴリ
共学 / ★★★★(偏差値60から70程度まで) / 都立 / 普通科 / 高校名「ま」行 / 山手線 / 港区 / 京浜東北線・根岸線 / 都営三田線 / 南北線 / 都営大江戸線

カリキュラム - 設置学科やコース、勉強の進め方、教育の特色

三学期制

土曜日に50分4時間授業を実施している(年間20回)。

学びの幅が広く、国公立大学対応型のカリキュラムで、思考力・創造力の伸長を図り、新しい大学入試制度に対応した教育活動を実施している。

英語は3年間で19単位を必修とし、英語教育推進校の指定を受け、常駐の外国人講師(JET)が2名配置されている。
入学時に3年間のCAN-DOリストを配布し、英語プレゼンテーションコンテスト (Mita Cup)、多読、ディベート、英語落語等、多様な言語活動を実施し、4技能の伸長を図っている。4技能民間資格検定として、GTEC(1・2年次)と英検(1年次)を全員が受検する。

「知的探究イノベーター推進校」の指定を受け、1・2年の総合的な探究時間で取り組む「課題研究」を通じて、仲間と協働しながら主体的かつ自律的に知的探究を深める力を養い、思考力・創造力の育成を図っている。
2年の家庭科で取り組むホームプロジェクトでは、全国高等学校家庭クラブ連盟主催のコンクールで8位以内に相当する特別賞(2017・2018年)や優秀賞(2019年)を受賞している。
BYOD研究事業の指定を受け、教室にWi-Fi 環境を整備し、調べ学習等に生徒個人のスマートフォン等が使えるようになっている。

1年次は基礎学力、特に英語、数学、国語に主眼を置き、文系・理系いずれにも進める。自由選択科目として第二外国語(独・仏・中)を設置し、外国人講師とのティーム・ティーチングによる授業を行っている。

2年次は文系・理系に応じ、物理基礎か地学基礎、世界史Bか化学のいずれかを選択する。

3年次からは文系と理系に分かれ、一人ひとりの適性、希望に応じて幅広く選択履修できるようになっている。 自由選択科目は10名前後の少人数講座も多く、きめの細かい指導を行っている。

進路 - 大学や就職先など卒業後の進路(2019年3月)

都立高校改革の一環として2007年に東京都教育委員会が指定した進学指導推進校の指定を継続して受けている。「自律・自学・チーム三田の力で高い志の進路実現」を目標とし、国公立大学や難関私立大学への進学を支援し、進学実績を年々伸ばしている。
2019年3月卒業生の主要大学合格者数(進学者数)は、国公立大学34(32)、早慶上理53(27)、GMARCH 204(74)である。

毎年度当初に「林窓」(シラバス)と「進路の手引き」を全校生徒に配布し、各教科の学習目標・評価の観点・学習上の留意点、3年間の各科目の授業計画、模擬試験や進路関係行事の計画等を踏まえて、生徒一人一人が計画的に学習に取り組めるように指導している。
随時「進路通信」を発行し、計画的・意図的に模擬試験の問題分析や進路情報等を提供し、段階的・系統的な進路指導を実施している。

自主学習グループを募集(1・2年)し、自習室、個別学習スペースを設置し、卒業生によるサポーターをつけて、放課後の生徒の自主学習を支援している。職員室前の個別学習スペースでは、教員による個別指導やJETとの英会話等が行われている。長期休業中には夏期講習・冬期講習・春期講習を実施し、3年の夏期講習では40以上の講座を開講し、開講講座を5月中旬までに公表している。

1・2年次の1・2学期、3年次1学期に「進路・家庭学習調査」を実施し、生徒の進路意識や家庭学習の状況を把握するとともに、「サクセスシート」(家庭学習記録用紙)等を使った家庭学習指導を継続的に実施し、自律的な学習と家庭学習習慣の確立を図っている。

1年次から2年次の前半までは知的好奇心と高い志を涵養する取組を推進し、あらゆる教科の学習や学校行事・部活動、国際理解行事、探究活動、進路学習等、校内での多様な活動に加え、大学・研究機関、各団体等の募集や案内を紹介し校外の活動への積極的な参加を促している。また、学校行事や部活動等に全力で取り組む中で、生徒たちが強い絆で結ばれ、それが困難を乗り越え果敢に頑張る力に繋がっている。

2年次の冬季休業中に希望者を対象に勉強合宿を実施し、2年次3学期と3年次には受験生としての意識を持たせ、受験に向けた指導を徹底し、生徒一人一人の進路実現を図っている。

卒業生の主な進学先 
東京医科歯科大、東京外国語大、東京学芸大、東京農工大、お茶の水女子大、東北大、筑波大、東京海洋大、千葉大、横浜国立大、首都大学東京、早稲田大、慶應義塾大、東京慈恵会医科大、上智大、東京理科大

指定校推薦枠のある大学・短大など 
早稲田大、慶應義塾大、上智大、東京理科大、学習院大、明治大、青山学院大、立教大、中央大、法政大他

部活動 - 設置されている部・同好会・活動の様子

運動系17の部、文化系15の部4つの同好会を設置し、のべ加入率は100%を超える。(2019年度104%)

最近3年間の主な実績は以下のとおり。
<2017年度>
・弓道部
男子団体で関東大会出場、男子個人で全国大会出場
<2018年度>
・ダンス部
日本高校ダンス部選手権関東・甲信越地区大会Cブロックビッククラス入賞、夏の公式全国大会出場
日本高校ダンス部選手権新人戦東日本大会スモールクラス優秀賞受賞
東京都女子体育連盟体育実技研究発表会審査員特別賞受賞
<2019年度>
・弓道部
男子団体で関東大会出場。

★設置部(※は同好会)
男女バスケットボール、男女バレーボール、バドミントン、アメリカンフットボール、サッカー、硬式テニス、ソフトテニス、陸上競技、水泳、弓道、剣道、卓球、ワンダーフォーゲル、ダンス、硬式野球、吹奏楽、管弦楽、コーラス、フォークソング、放送、新聞、生物、化学、物理、美術、漫画研究、ホームメイド、茶道、写真、競技かるた、※園芸、※地学、※ボランティア、※劇団、※英語

行事 - 文化祭や体育祭など、生徒に人気の高い行事を紹介

生徒が創る学校行事を通して生徒が達成感や成就感を味わい、ゼロから創る創造力を身に付けることを目標としている。
体育祭・白珠祭(文化祭)・合唱コンクール・球技大会は四大行事として定着し、生徒の実行委員会が運営する。合唱コンクールでは1年音楽選択生徒・2年有志・コーラス部・弦楽部・吹奏楽部合同演奏のヴェートーベン「第九」で最後を飾る。

4月 グローバル市民デー・地球のステージ(1年)
5月 体育祭
6月 留学生が先生(2年)、国際理解講演会(3年)
7月 国際理解講演会(2年)
8月 三田ESPA(夏期英語研修)…カナダ語学研修、British Hills 宿泊研修、Tokyo Global Gateway 英語研修
9月 白珠祭(文化祭)、 海外(台湾)修学旅行(2年)
11月 Mita Cup(英語プレゼンテーションコンテスト 1年)、ホームプロジェクト発表会(2年)
12月 国際理解講演会(英語落語1年)、勉強合宿(2年希望者)
1月 合唱コンクール(1・2年)
3月 国際理解キャリアガイダンス(1年)、国際理解シンポジウム(2年)、球技大会(1・2年)、大使館訪問(希望者)

学校見学 - 学校の空気に触れられるチャンスを紹介(2019年度実施内容)

★学校見学会…土曜日6月2回、7月4回、8月4回。夏季休業日平日 計19回(ホームページから予約)
★学校説明会…11月2回、12 月1回(予約不要)
★授業公開…11月2回、12 月1回(予約不要)
★部活動体験…6月1回、11月2回、12 月1回(ホームページから予約)
★白珠祭…9月14日(土)・15日(日)(予約不要)
★合唱コンクール…1月17日(金)(ホームページから予約)

トピックス - 上記の項目の他に学校の雰囲気が伝わる話題を紹介

大正12年、東京府立第六高等女学校として創立。 昭和25年男女共学となり、都立三田高等学校に改称、現在に至る。 20,000名を超える多彩な卒業生を有する伝統校である。

都立高校で最初に海外帰国生徒学級を設置し、国際理解教育の草分け的存在である。半世紀以上の伝統をもつユネスコスクールで国際理解教育を柱とする本校では、各学年で国際理解講演会、国際理解シンポジウムを実施している。
2年次には9月に修学旅行で台湾を訪れ、6月に事前指導として各クラスに台湾からの留学生を招いて「留学生が先生」台湾プログラムを実施している。

姉妹校交流、海外高校生との交流事業を実施し、留学生(1年間2名、短期10名弱)や海外の高校生・学校関係者等の訪問・視察を積極的に受け入れ、「海外学校間交流推進校」の指定を受けている。
海外からの訪問客との交流会を企画運営し、おもてなしを実践する特徴的な委員会として、国際理解委員会がある。

ユネスコスクールならではのユネスコ委員会があり、大使館訪問や文化祭でのバザー、世界寺子屋運動への参加の他、毎年テーマを決めて活発に活動し、前年度の活動報告がユネスコスクール公式ウェブサイト「加盟校一覧」に掲載されている。日本ユネスコ協会連盟との関わりも深く、海外研修の応募の機会にも恵まれ、本校生徒がカンボジアスタディツアーに参加している(2017・2019年)。

外国人講師が日常会話を直接指導する外国語クラブを実施し、 放課後に自由参加で、英語・スペイン語・韓国語の講座が開かれている。

5〜10月まで利用できる室内温水プールがある。

「東京都公立高校入試完全ガイド」から掲載内容を少しだけお届け!

その他の都立三田高等学校情報

アクセスマップ

公式サイト

都立三田高等学校公式サイトはこちら