立川女子高等学校の学校情報

創立91周年 伝統の女子校 進路に応じたコース制を実施 「愛と誠」思いやりの心を育てる

学校所在地
東京都立川市高松町3-12-1
最寄り駅
JR立川駅 多摩モノレール立川北駅
電話番号
042-524-5188
生徒数
816名 女子816名
特色
-施設が充実 -クラブが活発 -情操教育重視
関連カテゴリ
女子校 / 私立 / 普通科 / 高校名「た」行 / 南武線 / 中央線 / 中央本線 / 立川市 / 青梅市 / 多摩都市モノレール

環境 - 学校周辺の環境や校内外の施設

充実した教育設備

駅前のにぎやかさから徒歩7分の距離にもかかわらず、静かな住宅街の中で、木々を取り込んだキャンパスが、落ち着いた教育環境をつくっている。校門には24時間体制の警備室があり、耐震工事も完了しており安心して通うことができる。

最新のPC環境を備えるコンピュータ室、70畳の作法室、50名がゆったり調理できる調理室と試食室などがある。普通教室と合わせ全室個別の冷暖房を完備している。校舎は、日本を代表する建築家大高正人氏による設計で、日本の近代建築の文化的価値を認められている。

煉瓦造りに三角屋根が目立つ大小2対の建物は、2階建ての体育館と120名収容の視聴覚ホールがある5号館で、天井から柔らかな自然光が入る素敵な設計だ。また、床暖房のある図書館は4万冊の蔵書に囲まれゆったりとした時間を過ごすことができる。さらに、広くて明るい食堂は、安くて美味しいと評判だ。

カリキュラム - 設置学科やコース、勉強の進め方、教育の特色

多様な進路に合わせた新2コース制

◆特進コース
難関大学受験を希望する生徒をサポート。徹底した少人数制。週3日7時間授業。隔週土曜日は4時間授業を行う。放課後は、学習メンターによるサポートや自主学習で学力の定着を図る。秋休みには、3泊4日の勉強合宿があり、さらなるレベルアップを目指す。

◆総合コース
第1学年では、基礎学力向上と苦手意識の払拭を図る。英語は、少人数授業。また、硬筆・毛筆書写検定と漢字能力検定の受検が義務づけられている。第3学年では、「教養系」・「情報系」・「生活系」・「進学系」の4つのテーマからひとつを選ぶと5つの選択科目が履修でき、専門的な学びができる。

「作法」の授業では、敬語の使い方から冠婚葬祭のマナーや日常生活の所作までを学ぶ。隔週土曜に行われる「特別講座」では、学年ごとのテーマをもとに、グループワークなどを通し問題発見・探求・解決を目指す。

進路 - 大学や就職先など卒業後の進路

進学者が約8割

卒業生の約8割が進学希望で、看護系や理科系の進学も増えている。
過去3年間の主な進学先は、亜細亜大、桜美林大、大妻女子大、嘉悦大、杏林大、恵泉女学園大、国士舘大、こども教育宝仙大、相模女子大、十文字学園女子大、白百合女子大、城西大、実践女子大、駿河台大、大正大、拓殖大、帝京大、東海大、東京家政学院大、東京経済大、東京純心大、東洋大、 二松學舍大、武蔵野大、明星大、目白大、立正大、和光大など。

指定校推薦も多いが、推薦入試やAO入試での合格者も多い。また、特進コースでは立教大・國學院大に続き都留文科大や法政大・玉川大、理科系では北里大や埼玉医科大への合格者も出た。

私立中学・高校受験ガイド「THE私立」から掲載内容を少しだけお届け!

その他の立川女子高等学校情報

入試情報(2018年度)

試験日 1/22(推薦)、2/10(一般)
試験科目 面接(推薦)、国・数・英+面接(一般)
募集人員 推薦:140/10、一般:140/10
受験者数 推薦:116/2、一般:619/12
合格者数 推薦:116/2、一般:616/12
競争率 推薦:1.0/1.0、一般:1.0/1.0

※人数は総合コース/特進コース

アクセスマップ

公式サイト

立川女子高等学校公式サイトはこちら