獨協高等学校の学校情報

この学校は、高校募集を行っておりません

高い理念を実現する中高一貫教育 生徒の発達に合わせた3段階構成 手間をかけた丁寧な指導

学校所在地
東京都文京区関口3-8-1
最寄り駅
有楽町線護国寺駅 副都心線雑司ヶ谷駅 
電話番号
03-3943-3651
生徒数
608名 男子608名
特色
-進学に有利 -併設校あり -クラブが活発 -国際人を養成
関連カテゴリ
男子校 / ★★★★(偏差値60から70程度まで) / 私立 / 普通科 / 高校名「た」行 / 文京区 / 有楽町線 / 副都心線

環境 - 学校周辺の環境や校内外の施設

充実のハイテクノロジー校舎

都内有数の閑静な文教地区に位置し、施設・環境ともに申し分ない。「光と風と緑の創造空間」がテーマの施設・設備。トレーニングルーム、ランニングコース、2面のテニスコートなどを備え、講堂としても利用できる「100周年記念体育館」に加えて、PC室を付設した総合情報センターとしての図書館、AV施設が充実した各種実験室や、家庭科室などの特別教室を完備し、採光や風通しにも配慮した造りになっている。

また、長野県小諸市郊外に獨協学園日新寮、千葉県館山市に獨協学園海の家があり、林間学校や臨海学校、クラブ合宿などに利用されている。

カリキュラム - 設置学科やコース、勉強の進め方、教育の特色

中高一貫ならではの3ブロック教育

中高6年間を3ブロックに分けた一貫教育を実践。
第1ブロックは、学習習慣を身につける基礎学力養成期であり、積み重ねが重要な英語は単語・文の、数学は単元ごとに、また国語は漢字の小テストを行いながら丁寧な指導が繰り広げられている。自分の体を通して学ぶことを大切にしているので、理科では実験・観察を重視し、社会は校外での見学を行っている。

第2ブロックは、論理性を身につける学力伸張期であり、教科教育以外に中3には「研究論文」がある。1年間をかけた知的な活動は自分自身を知るという意味で将来の進路にもつながる重要な試みと位置づけられている。

第3ブロックは、将来に向けた学力完成期である。高2から文系、理系に分かれ、高3は希望進路に合わせた受験科目をもとにコース制を敷いている。また通常の授業以外にも数多くの講習が開講される。

カリキュラムの面では、外国語に特色がある。英語では週7時間のうち3時間を運用練習に当て4技能の伸長を図る。また高1からは第2外国語としてドイツ語を学ぶことができる。

進路 - 大学や就職先など卒業後の進路

日々の学業の成果が大学受験成功の鍵

高校からは伝統的に、医・歯・薬学系の学部・学科に進学する生徒が多いが、最近は、文系・理工系への進学者も増加している。

主な進学先は、東大、京都大、北海道大、東京農工大、東京学芸大、早稲田大、慶應義塾大、中央大、明治大、上智大、東京理科大、獨協医科大、日本歯科大など。
また、併設の獨協大学、姫路獨協大学、獨協医科大学には推薦入学制度もある。

進学指導として、生徒たちが自ら適切な進路を選ぶためのテキスト「櫓櫂」を毎年配布するほか、大学合格者の成績資料も公表している。

私立中学・高校受験ガイド「THE私立」から掲載内容を少しだけお届け!

その他の獨協高等学校情報

アクセスマップ

公式サイト

獨協高等学校公式サイトはこちら