潤徳女子高等学校の学校情報

一人ひとりを大切に国際人としてののびやかな芽を育てる

学校所在地
東京都足立区千住2-11
最寄り駅
常磐線・千代田線・日比谷線・半蔵門線 (直通)・東武スカイツリーライン・つく ばエクスプレス 北千住駅 京成本線千住大橋駅 
電話番号
03-3881-7161
生徒数
538名 女子538名
特色
-自由な校風 -進学に有利 -クラブが活発 -駅から近い
関連カテゴリ
女子校 / ★★(偏差値50程度まで) / ★★★(偏差値50から60程度まで) / 私立 / 普通科 / 高校名「さ」行 / 千代田区 / 常磐線 / 足立区 / 東武伊勢崎線 / 京成本線 / つくばエクスプレス / 半蔵門線 / 日比谷線

環境 - 学校周辺の環境や校内外の施設

緑にはえるおしゃれな校舎

旧日光街道と日光街道の間、緑豊かな住宅街の中にキャンパスがある。レンガ色と白で統一された校舎の外観は、明るい学園生活にぴったりマッチした、ファッショナブルな雰囲気だ。校舎内には、普通教室28、コンピュータ室など近代的設備をそろえた特別教室が17ある。

また、相談室を設置し、専門のカウンセラーが常時生徒や保護者の相談に応じている。二層式の体育館には、冷暖房完備の合宿施設もあり、ナイター設備付きの人工芝グラウンドも校舎脇にある。

カリキュラム - 設置学科やコース、勉強の進め方、教育の特色

3 つのコース制で希望進路を実現

興味や将来の目標は人それぞれだから、様々な個性を伸ばせるように、多様な3つのコースを設定。一人ひとりの人間性を大切にする潤徳で、本当にやりたいことに出会えるはずだ。

AO、推薦入試での大学進学者の多い総合進学コースでは、バランスのとれた授業編成で、基礎学力の充実を図り、3年次はバラエティーに富んだ選択科目の中から希望進路に応じた授業を選ぶ。

国公立大・早慶上理・GMARCHレベルへの進学を目指す特別進学コースでは、主要3教科の時間数を多くし、進学に対応できる実力を養成。2年次からは私大文系、理系・国公立大に分かれる。現役合格を目標にして、1年次から進学講習を実施。

美術デザインコースは、ファインアートとデザインの両方を学び、美大受験にも対応している。放課後には潤徳美大受験対策「ウル美」を設定し、難関美大にも対応。

進路 - 大学や就職先など卒業後の進路

高校時代を心の糧に未来を切り開く

進路指導は、専門のベテラン教師が、親身になって的確な相談を行い、サポートする体制が整っている。
主な進学先は、千葉大、上智大、東京理科大、慶應義塾大、立教大、学習院大、明治大、青山学院大、中央大、成蹊大、日本大、東洋大、駒澤大、専修大、法政大、獨協大、明治学院大、学習院女子大、東京女子大、日本女子大、フェリス女学院大、東京造形大、多摩美大、女子美大、武蔵野美大、日本大(芸術学部)、日本社会事業大、福井大、愛知県立芸術大など。

突撃取材!学校の先生に聞きました!!

入試に向けてこんな準備をしてほしい

英語

基本問題で構成されているので、教科書を繰り返し音読し、基本単語や熟語を正確に覚え、書けるようにしておいてください。
例文は全文暗記しておきましょう。定期テストは間違えた問題を見直し、弱点を補強しておきましょう。長文読解対策は問題集を1冊決めて繰り返し解いてください。
仕上げに時間を計りながら過去問を解き,問題形式や時間配分を確認。

国語

読解問題は、基本的なものではありますが、記述式解答を求める設問も含まれているので、基礎学力養成用の問題集で、しっかりと練習を積んでおく必要があります。
国語の知識の問題については、ことわざ・慣用句・四字熟語・品調・文学史・漢文の訓読などを中心に復習し最後に確認の意味で、問題集で復習しておくとよいでしょう。

数学

まずは教科書や基本問題集で基礎固めを行いましょう。確実に基礎を定着させるために繰り返し演習を行うことがポイントです。
公式や定理はしっかり覚え使えるようにしましょう。併せて、 計算練習も。時間や問題数を決めて毎日欠かさずに行うようにしましょう。間違えた問題は教科書で確認しながら必ず解き直しをするように。

美術(併願入試用鉛筆デッサン)

モチーフは2点だされます。過去に出題されたモチーフとしては牛乳ビン・紙皿・みかん・ロープ・サザエの殻など実にさまざまですので、いろいろなものを陰影をつけて描いて練習しておくとよいでしょう。

学校説明会のおすすめポイント

全体説明のあと、各コースに分かれて、各コースの内容をさらに詳しく説明します。
在校生や卒業生の話しも聞けるので潤徳のリアルな面に触れることができます。

学校のここに注目してほしい

本校では、異文化・異世代の人々と共に生き、問題を解決する力を育むために、グローバル教育を目的としたオリジナル授業を展開しています。
そのメインとなっているのが、さまざまなアクティビティからなる「ユニバーサルフォレスト」。2018年度にスタートした、「英語=グローバル」ではない、最新のグローバル教育カリキュラムです。 ユニバーサルフォレスト、略して「ユニフォレ」!

ユニフォレは週に1回、クラス全員でおこないます。学びはつねに、社会の中の身近な問題について考えたり、クラスメイトと意見を共有したりと、自分の積極性を前面に出すことで進んでいきます。この時間を通して、生徒たちは自分の考えをもつこと、自分の考えを相手にきちんと伝わるように述べること、そして他者の考えを尊重し、他者の考えから学ぶことを、体験によって学んでいくのです。
最終目標は「世界のさまざまな人々と関わり合い、ともに生きること」です。
外部の専門家から学ぶ機会もあります。
たとえば、NPO法人soarの代表を招き、「ネガティブをポジティブにしていく生き方」についての講演会を実施。東日本大震災での体験を交えた講演者のお話は、生徒たちに深く印象を残したようです。

年度によって、また学年が上がるごとに、「ユニフォレ」の内容はさまざまに展開します。
みなさん、潤徳女子の「ユニフォレ」で自分の世界がどのように広がっていくのか、ぜひ体験してみてください!

私立中学・高校受験ガイド「THE私立」から掲載内容を少しだけお届け!

その他の潤徳女子高等学校情報

入試情報(2019年度)

試験日 1/22(推薦A・第1回推薦B)、1/23(第2回推薦B)、2/10(第1回一般・併願優遇)、2/12(第2回一般・併願優遇)
試験科目 適性〈国・英か数・英〉+面接(推薦A)、適性〈国・数・英〉+面接(推薦B)、国・数・英+面接(一般・併願優遇)
募集人員 総合進学:70/70、特別進学:17/18、美術デザイン:35/35
受験者数 総合進学:94/200/116、特別進学:17/16/7、美術デザイン:30/61/67
合格者数 総合進学:94/200/113、特別進学:17/16/7、美術デザイン:30/61/65
競争率 総合進学:1.0/1.0/1.0、特別進学:1.0/1.0/1.0、美術デザイン:1.0/1.0/1.0

※美術デザインコースの推薦Aは適性〈英〉+作品持ち込みによる面接、推薦Bは適性〈国・英〉+実技+面接、一般は国・英+実技+面接 ※人数はすべて推薦A/推薦B・一般 ※他に、若干名の帰国子女入試(12/11)あり

アクセスマップ

公式サイト

潤徳女子高等学校公式サイトはこちら