武蔵高等学校の学校情報

この学校は、高校募集を行っておりません

本物教育と自調自考 大学で活きる教育 トップ進学校

学校所在地
東京都練馬区豊玉上1-26-1
最寄り駅
西武池袋線江古田駅 有楽町線新桜台駅 都営大江戸線新江古田駅
電話番号
03-5984-3741
生徒数
508名 男子508名
特色
-自由な校風 -進学に有利 -施設が充実 -クラブが活発
関連カテゴリ
男子校 / ★★★★(偏差値60から70程度まで) / 私立 / 普通科 / 高校名「ま」行 / 練馬区 / 西武池袋線 / 有楽町線 / 都営大江戸線

環境 - 学校周辺の環境や校内外の施設

充実した教育環境

最寄り駅から徒歩7分と交通も便利である。普通教室はもとより、5つの実験室と4つの講義室、マルチメディア教室、演習のための小教室がそろっており、学習環境も整っている。視聴覚教室、講堂、体育館、サッカー場、野球場、テニスコート、プールなどの校内施設・設備は、中学・高校の別なく使用している。

平成16年に4階建ての図書館棟が完成。19年より、サッカーと野球のグラウンドが人工芝となった。29年度より、完成した理科・特別教室棟の使用を開始した。また、群馬県赤城山に「赤城青山寮」があり、中1の校外学習で利用されている。長野県八方尾根には「武蔵山荘」もある。

カリキュラム - 設置学科やコース、勉強の進め方、教育の特色

少人数での分割授業で効率図る

中高一貫のメリットを生かし、6年間を2年ごとの3ブロックに区切った独自のカリキュラムを編成している。中1〜2年次は入門的教科学習の時期とし、数学・英語では反復練習による基礎力、国語では長文による読解力の習得、理科では特に実験に重点を置く。

中3〜高1年次は一般的基礎学習の時期とし、全教科バランスのとれた学力をつける。さらに、高2〜3年次は受験に即した学習として、演習を重視。自主・自由の教育方針に基づいて、各教科の授業配分は、中・高ともに国の指導要項とほぼ同じで、コース別や習熟度別などのクラス編成も行われないが、授業を能率的に進めるため、中・高の数学・英語・理科実験、高2・3年次の国語が少人数の分割授業で行われている。

また、中3年次からは第二外国語の授業を実施しており、ドイツ語・フランス語・中国語・韓国朝鮮語から1科目を選択する。特に成績優秀な生徒には、約2カ月間の国外短期留学制度(毎年10数名が留学)もあるほか、ドイツ・オーストリア・フランス・イギリス・中国・韓国の提携校からも毎年20名近くの留学生を受け入れている。

進路 - 大学や就職先など卒業後の進路

東大合格者は毎年多数

東大へは多くの合格者を出し、80名前後が国公立大に進学する。約半数が理工系・医歯系と、理系に強いのが本校の伝統である。そのほか、慶應義塾大、早稲田大をはじめ、難関私立大へ毎年150名以上の合格者を出している。

私立中学・高校受験ガイド「THE私立」から掲載内容を少しだけお届け!

その他の武蔵高等学校情報

アクセスマップ

公式サイト

武蔵高等学校公式サイトはこちら