東京家政大学附属女子高等学校の学校情報

「自主・自律」~未来を拓くしなやかな女性を育成~

学校所在地
東京都板橋区加賀1-18-1
最寄り駅
埼京線十条駅 京浜東北線東十条駅 都営三田線新板橋駅 東武東上線下板橋駅 
電話番号
03-3961-0748
生徒数
863名 女子863名
特色
-併設校あり -施設が充実 -クラブが活発 -国際人を養成 -駅から近い
関連カテゴリ
女子校 / ★★★(偏差値50から60程度まで) / 私立 / 普通科 / 高校名「た」行 / 埼京線・川越線 / 京浜東北線・根岸線 / 板橋区 / 東武東上線 / 都営三田線

環境 - 学校周辺の環境や校内外の施設

自然環境と教育環境が充実

東京23区内にありながら東京ドーム2個分の広さを持つキャンパスには、2千本の樹木や200種の植物、25種の野鳥などたくさんの動植物がほぼ自然の状態で生息している。中高の中庭にある「家政ビオトープ」は委員会中心に運営され、授業だけでなく、理科部の活動や観察会に活用されている。

施設・設備は、給食施設(ランチルーム)や英語・情報の授業で活用されるCALL教室のほか、コンピュータ室、VM教室、独立した温水プール、中高別の図書室、カウンセリング室などがある。

すべての校舎が建築基準法の耐震基準を満たし、防災用品を備蓄する保管庫を設置。生徒が安全に学校生活を送れるように、校門に守衛室を設け、警備員による巡回等、24時間体制の防災・防犯対策を行っている。

カリキュラム - 設置学科やコース、勉強の進め方、教育の特色

新教育プログラムで21 世紀型「未来学力」を育成

2016年度より、グローバル社会で活躍できる女性の育成を目標に、未来学力の養成と英語教育の充実を柱とした「躍進i教育」が始動。授業や行事を通して自主性を育て、自学自習の習慣を確立していく。また、すべての教科に生徒同士の学び合いによって全員が課題をクリアしていくアクティブ・ラーニング(協同学習)を導入。主体的に学ぶ力、協調的問題解決力を身につけることで、これからの社会や大学入試で求められる総合的な学力を育成する。

英語教育においては、イングリッシュキャンプ、多読、ネイティブ教員による会話やスピーチの指導や外部試験への対応など、英語の4技能を伸ばすための新プログラムとクラス編成を導入。ハイレベルな英語力の他、高い学力を身につけ難関大学を目指す特進クラスを設置。

カリキュラムでは、高2で文理別、高3で進路目標別にクラスを編成。国公立大学、難関私立大学、東京家政大学への内部進学と外部進学に対応した授業と多様な選択科目の設定で大学入試改革にも対応した学びを展開。希望進路実現を図る。

進路 - 大学や就職先など卒業後の進路

希望進路に沿った幅広い進学先

「25歳のなりたい自分」を実現するための独自のプログラム「ヴァンサンカン・プラン」で希望進路の実現を目指す。

2018年3月卒業生は、東京海洋大、東京芸術大、慶應義塾大、学習院大、明治大、立教大、中央大、法政大、青山学院大、成蹊大、成城大、津田塾大、東京女子医科大、日本 女子大、東京農業大、東京電機大、武蔵大等に合格した。併設の家政大学・短期大学 へは102名が進学、年々外部の難関大学への合格実績が上がっている。進路決定率96%。

私立中学・高校受験ガイド「THE私立」から掲載内容を少しだけお届け!

その他の東京家政大学附属女子高等学校情報

入試情報(2019年度)

試験日 1/22または23(推薦)、2/10または13(一般)
試験科目 適性〈国・数・英〉+面接(推薦)、国・数・英(一般)
募集人員 iクラス:140、Eクラス:60
受験者数 iクラス:129/66、Eクラス:126/101
合格者数 iクラス:129/61、Eクラス:126/101
競争率 iクラス:1.0/1.1、Eクラス:1.0/1.0

※人数はすべて推薦/一般 ※推薦Bは東京の隣接県対象(神奈川を除く) ※スライド合格を含む

アクセスマップ

公式サイト

東京家政大学附属女子高等学校公式サイトはこちら