杉並学院高等学校の学校情報

自立心、創造性、心身の調和と健康を大切にし、可能性に挑戦する生徒を応援します。

学校所在地
東京都杉並区阿佐谷南2-30-17
最寄り駅
中央線・総武線・東西線高円寺駅・ 阿佐ヶ谷駅 
電話番号
03-3316-3311
生徒数
1149名
特色
-進学に有利 -クラブが活発 -情操教育重視 -国際人を養成
関連カテゴリ
共学 / ★★★(偏差値50から60程度まで) / ★★★★(偏差値60から70程度まで) / 私立 / 普通科 / 高校名「さ」行 / 中央線 / 杉並区 / 総武線 / 東西線

環境 - 学校周辺の環境や校内外の施設

情報技術の素養を育む最新設備の校舎

平成13年に完成した校舎は、「新しい教育にふさわしい器を」を理念に設計されており、充実した各種教室がそろっています。学校では珍しい三層吹き抜けのアトリウムは、ヨーロッパの広場のような空間です。

PCを使った授業だけでなく自習もできるマルチメディア教室、生徒の情報発信・受信の場となっている図書ラウンジ、普通教室にも情報コンセントが配備されるなど、高度情報化社会の到来を見据えた設備となっています。また、冷暖房完備の体育館、音響と採光に配慮した音楽室や照明・映像設備の整ったSGホールなどがあります。さらに、明るいカフェテリアや個別自習室、屋上にはナイター設備を備えたゴルフレンジもあります。

カリキュラム - 設置学科やコース、勉強の進め方、教育の特色

基礎から応用への丁寧な指導

習熟度別授業を効果的に展開するため、特別進学・総合進学の2つのコースを設置しています。2年次からはそれぞれ文系・理系に分かれます。3年次は自由選択の時間を多く設け、特別進学・総合進学コースとも国公立受験を視野に入れたカリキュラムとなっています。

2つのコースは、教科書・資料・問題集などは異なりますが、カリキュラムは共通です。5教科の指導目標である「大学入学共通テストレベルの学力の定着」を目指し、基礎から応用まで丁寧な指導が行われます。また、2年進級時には、1年次の習熟度に応じてコース変更も可能です。

さらに、正規の授業の他に、独自の「SILSS(杉学個別学習支援システム)」が行われています。これは、毎日の授業と連携し各自のニーズに応じて放課後学習などを支援するシステムで、自習室の利用、対面型個別指導、長期休業中の講習など多岐にわたります。一人ひとりの生徒が志望する大学への合格を目指し学習する体制が整っています。

進路 - 大学や就職先など卒業後の進路

才能を開花させる万全の指導体制

各種ガイダンスによる個別指導や面談をはじめ、多くの外部模擬試験も取り入れて志望校決定の判定資料とするなど、一人ひとりが第一志望校合格に向けて充実した学校生活を送れるよう、万全の指導体制を整えています。
主な進学先は、東北、千葉、東京外語、横浜国立、首都大東京、早稲田、慶應義塾、上智、東京理科、学習院、明治、青山学院、立教、中央、法政、成蹊、東京女子、東京薬科、日本、東洋など、他多数です。

突撃取材!学校の先生に聞きました!!

入試に向けてこんな準備をしてほしい

英語

中学3年間に学習した文法を基礎から復習しておくことが大切です。また、長文の問題を解くことができるように、問題集などで長い文章に慣れておくことが必要です。英作文の問題は、与えられた状況で自分ならばどのように伝えるかを記述する問題であり、柔軟な発想力が求められます。問題の傾向が大きく変わることはありません。過去に出題された問題を参考に対策をしてください。

国語

中学校の学習範囲から、基礎を中心に発展レベルまで出題されます。普段の授業や教科書をよく理解し、基礎的な問題は確実に得点できるようにしておきましょう。また、出題内容は文章題から知識まで多岐に渡ります。設問を最後までしっかりと読む習慣をつけ、問題文の要旨や作者の主張をまとめられることが重要です。過去問題集を使って、時間配分を意識した対策をしておきましょう。

数学

中学校の教科書や授業の内容を重視した問題を、幅広い分野から出題します。基礎的な問題では計算問題や、図形の定理・性質を問います。また、発展的な問題では、数の性質や、文章題、関数、図形の定理や性質を組み合わせた複合的な問題を出題します。しっかりとした知識を身につけ、活用できるように練習をしておきましょう。

学校説明会のおすすめポイント

杉並学院の教育方針や進路指導など様々な特色を紹介させて頂きます。また、秋の説明会では、説明会終了後に個別相談を実施いたしますので、学校見学も兼ね、是非ご参加ください。

学校のここに注目してほしい

杉並学院では、大学入学共通テストに対応できる学力の定着を目指す「総合進学コース」と、難関大学の進学を目指した「特別進学コース」に分かれて日々の学習に取り組んでいきます。また、杉並学院独自の学習支援システム「SILSS」(杉学個別学習支援システム)のサポートは、個別指導・長期休暇中の講習など多岐に渡り、毎日の授業と連携した学習支援を受けることができます。
その他にも、全生徒に配布するiPadを活用した学習や、希望者を対象としたオーストラリアへの短期留学・カナダへの中長期留学を実施し、グローバルな視野を培うチャンスを豊富に整えています。

私立中学・高校受験ガイド「THE私立」から掲載内容を少しだけお届け!

その他の杉並学院高等学校情報

入試情報(2019年度)

試験日 1/22(推薦)、2/10または11(一般)
試験科目 作文+面接(推薦)、国・数・英+面接(一般)
募集人員 推薦 特別進学/推薦 総合進学:140、一般 特別進学/一般 総合進学:260
受験者数 推薦 特別進学/推薦 総合進学:15/79、一般 特別進学/一般 総合進学:522/574
合格者数 推薦 特別進学/推薦 総合進学:15/79、一般 特別進学/一般 総合進学:518/559
競争率 推薦 特別進学/推薦 総合進学:1.0/1.0、一般 特別進学/一般 総合進学:1.0/1.0

アクセスマップ

公式サイト

杉並学院高等学校公式サイトはこちら