早稲田大学高等学院の学校情報

「学びの自由」が未知への探究心と挑戦し続ける気概を育む

学校所在地
東京都練馬区上石神井3-31-1
最寄り駅
西武新宿線上石神井駅 西武池袋線大泉学園駅 中央線西荻窪駅
電話番号
03-5991-4151
生徒数
1498名 ※2017年4月現在
特色
-併設校あり -施設が充実 -スポーツが強い -クラブが活発
関連カテゴリ
男子校 / ★★★★★(偏差値71以上) / 私立 / 普通科 / 高校名「わ」行 / 中央線 / 総武線 / 練馬区 / 西武新宿線 / 西武池袋線

環境 - 学校周辺の環境や校内外の施設

石神井の地に早稲田の杜を再現

施設としては、15万冊の図書と60誌の雑誌、DVDやビデオテープなどの視聴覚資料を誇る全国有数の図書室をはじめ、CALL教室、PC教室、音楽室、理科教室などを完備するほか、講堂や2棟の体育館、グラウンド、硬・軟式テニスコート、ゴルフ練習場、弓道場、アーチェリー練習場、プールなどが、広い敷地内に点在している。

カリキュラム - 設置学科やコース、勉強の進め方、教育の特色

第2外国語が必修でハイレベル

中学部では、主要教科はもちろん、教科の枠を越えた課題について調査・研究し、その成果を発表できるよう指導するほか、英語を中心として高等学院で授業が行われている諸外国語圏の文化・歴史・言語などについて学ぶ。

高等学院では2年次より文系・理系のコース分けがゆるやかに行われ、3年次には進路志望に沿った、本格的なコース別の学習に入る。特に3年次のカリキュラムには、バランスのとれた総合的な学力の向上と、一人ひとりの適性や興味の伸長を目的に、多種多様な選択科目が設置されている。

第2外国語が3年間必修であるのも特徴の一つで、フランス語・ドイツ語・ロシア語・中国語の中から1科目を選択し、学習する。週の授業時間は1年次3時間、2年次3時間、3年次2時間となっている。

「総合的な学習の時間」も積極的な授業展開をしており、1年次にはプレゼンテーション、2年次にはディベートを行い、3年次には論文を仕上げる。コンピュータによる情報教育も充実している。3教室あるPC教室は「情報」の授業において使用されるばかりではなく、昼休みや放課後も開放されている。また、生徒全員がIDを取得し、自宅からもインターネットにアクセスし、情報収集することができる。

また、スーパーサイエンスハイスクールおよびスーパーグローバルハイスクールに指定され、早稲田大学の単位先取りを含む様々な取り組みを行っているほか、留学生の受け入れも積極的で、高等学院では8月にオーストラリア海外研修も実施している。

進路 - 大学や就職先など卒業後の進路

早稲田大学にほぼ全員が進学

所定の単位を修得し、卒業した生徒は、早稲田大学へ推薦されるため、卒業生はほぼ全員が早大に進学する。平成29年3月は、政治経済学部110名、法学部85名、文化構想学部16名、文学部7名、教育学部19名、商学部45名、基幹理工学部50名、創造理工学部54名、先進理工学部43名、社会科学部30名、人間科学部1名、スポーツ科学部1名、国際教養学部9名など多数進学している。

突撃取材!学校の先生に聞きました!!

学校説明会のおすすめポイント

学院長からの学校概要説明、学校紹介DVDの上映、クラブ活動の発表、生徒スピーチ、学校説明・入試説明などの内容を予定しております。
説明会終了後に、施設見学や個別質問会を行います。

私立中学・高校受験ガイド「THE私立」から掲載内容を少しだけお届け!

その他の早稲田大学高等学院情報

入試情報(2018年度)

試験日 1/22(自己推薦)、2/11(一般)
試験科目 面接(自己推薦)、国・数・英+小論文(一般)
募集人員 自己推薦:100、一般:260
受験者数 自己推薦:255、一般:1495
合格者数 自己推薦:101、一般:563
競争率 自己推薦:2.5、一般:2.7

※一般は帰国生18名を含む

ギャラリー

  • 早稲田大学高等学院ギャラリー

アクセスマップ

公式サイト

早稲田大学高等学院公式サイトはこちら