日本学園高等学校の学校情報

創立1885年「人は得意な道で成長すれば良い」真の国際化を考え、社会に、世界に役立つ人間育成を担う、伝統校

学校所在地
東京都世田谷区松原2-7-34
最寄り駅
京王井の頭線・京王線明大前駅
電話番号
03-3322-6331
生徒数
516名 男子516名
特色
-自由な校風 -スポーツが強い -クラブが活発 -駅から近い
関連カテゴリ
男子校 / ★★(偏差値50程度まで) / ★★★(偏差値50から60程度まで) / 私立 / 普通科 / 高校名「な」行 / 世田谷区 / 京王井の頭線 / 京王線・京王新線

環境 - 学校周辺の環境や校内外の施設

快適な環境で勉強も部活動も思う存分に

新宿・渋谷両ターミナルから至近距離にありながら都内有数の文教地区として閑静な佇まいを見せる明大前に、2万㎡以上(1万7千㎡は土のグラウンドとテニスコート3面)の広大な敷地を有している。また130年にわたり多くの著名人を輩出したキャンパスには四季折々の自然があふれ、心落ち着く環境の中、生徒は学習にも部活動にも思う存分打ち込むことができる。
また、国の登録有形文化財に指定されている1号館は卒業生で当時早稲田大学准教授だった今井兼次氏が設計した。

カリキュラム - 設置学科やコース、勉強の進め方、教育の特色

「自分だけの時間割」モジュール講習

学習面では「にちがく講座」で中学の段階から自ら学び進めるための素養を作る。これは放課後に行うタブレットを活用した学習講座で、初めは教員のアドバイスのもと、苦手教科の克服や定期試験対策などに向けて解き進め、徐々に「英検の対策のために」「得意科目をさらに強化するために」など一人ひとりが自らの学びのテーマに従って項目を選択していけるよう、指導していく。

高校に進むと放課後や早朝に設定される「モジュール講習」を選択。こちらはオリジナルな50の講習からそのときの自分の学力・興味・関心・目標に応じて必要な講習を選択し「自分だけの時間割」を作り、志望進路に向けて学習を進めることができる。選択に迷った時は教員が相談にのる。
この「モジュール講習」は生徒が教員に出した要望からスタートした「生徒と教員の密なコミュニケーションから生まれた講習」である。

これ以外も長期休暇中に「夏期講習」「冬期講習」「春期講習」が実施され、通常の授業のさらに先へ進む教科もある。「モジュール講習」と組み合わせ、この長期講習中に苦手分野を克服する、または得意科目をさらに伸ばす生徒が多くいる。

進路 - 大学や就職先など卒業後の進路

向上している国公立・難関私大への合格実績

毎年、卒業生の約7割が現役で4年制大学に進学。一人ひとりの希望に沿った進路指導で進学実績を着実に伸ばしてきている。中高一貫コース、高校の特別進学コースは国公立・難関私大を目指し、総合進学コース等もその刺激を受け徐々に実績を上げている。今後も現役合格率、難関大学進学率の増加が期待できそうだ。

主な進学先は、筑波大・東京農工大・埼玉大・首都大学東京・早稲田大・上智大・東京理科大・明治大・青山学院大・立教大・中央大・法政大・学習院大・東京薬科大・明治学院大・成城大・成蹊大・獨協大。多摩美術大・国立音楽大などの芸術系大学への実績も高い。

突撃取材!学校の先生に聞きました!!

入試に向けてこんな準備をしてほしい

国語

漢字の読み書きの練習をしてください。論説文や小説などの長文問題では、文脈をつかむ練習、表現の特色をつかむ練習、問に対して文中から答えを導き出す練習をしてください。

数学

基本的な計算問題と各単元の基礎事項を定着させてください。図形(平面・空間)と関数については、応用的な内容まで練習することが必要です。

英語

発音やアクセントの問題を解く練習をしてください。参考書の例文を用いて、並べ替え問題を解く練習。表やグラフ、会話を交えた長文を読解する練習をしてください。英検3級レベルの英作文を書く練習をしてください

学校説明会のおすすめポイント

得意を伸ばすなら、なぜ男子校なのか −その秘密について、また本校オリジナル学習プログラム「創発学」の特別メニューについても毎回ご紹介しています。
さらに他校にはない部活動、トライアスロン部、為替株式学習部について生徒が直接受験生に説明しています。その他、保護者・卒業生による「にちがく」の魅力紹介、コース別(特別進学コース・総合進学コース・スポーツコース)の説明会、個別入試相談会、推薦入試の作文の傾向と対策を含め、教科主任による入試問題の解説会など盛りだくさんです。

学校のここに注目してほしい

「にちがく」(本校)は130有余年の歴史があり「人は得意な道で成長すればよい」をモットーに生徒の個性を伸ばしつづけています。個性的であるとは、人と全く違う事ではなく、まずは人としての基本を身につけ、その上で自分の良さをより高めることにほかなりません。
基本の一例ですが、来訪者が校門を入ると生徒から「こんにちは」と自然に声がかかります。このようなことが自然に出来て、その上で自分の個性を伸ばしてゆくのです。

「にちがく」には、自分の個性は何かを見つけ、考え、深め、磨いてゆくプログラムとして21世紀型教育の「創発学」があります。「創発学」の中身は国際化プログラム(NGP=Nihongakuen Glocal Program)や調査研究のプログラム、キャリア教育のプログラムと多岐にわたっています。また、それを支える学力指導や部活動も盛んに行われています。
個性に磨きを掛けることができるのが「にちがく」の魅力です。諸君が、10年後、20年後にどのように生きているか、どのような人に成っているかといった生き方、自分の人格を「にちがく」で創成してください。

  • 国際化プログラム(NGP):東京英語村・3ヶ月の短期留学・海外ホームステイ
  • 調査研究プログラム:発想法・討議技法・ポートフォリオ・プレゼンテーション
  • キャリア教育プログラム:職業講話・職業体験・大学教授による出張講義
  • 学力プログラム:各種検定・モジュール講習(約50講座)
  • 部活動:一般的な部活だけでなくトライアスロンやモノポリーなど、他校にない部活も多い

私立中学・高校受験ガイド「THE私立」から掲載内容を少しだけお届け!

その他の日本学園高等学校情報

入試情報(2019年度)

試験日 1/22(推薦)、2/10(一般第1回)、2/15(一般第2回)
試験科目 作文+面接(推薦)、国・数・英+面接(一般)
募集人員 推薦:131、第1回:90、第2回:41
受験者数 推薦:0/35/43、第1回:55/86/−、第2回:10/20/−
合格者数 推薦:0/35/43、第1回:36/100/2、第2回:8/16/−
競争率 推薦:−/1.0/1.0、第1回:1.5/−/−、第2回:1.3/1.3/−

※人数はすべて特別進学/総合/スポーツ

アクセスマップ

公式サイト

日本学園高等学校公式サイトはこちら