日本大学鶴ヶ丘高等学校の学校情報

バランスの取れた人間形成 進学目的に合わせたコース制 高い進学率と魅力ある学園生活

学校所在地
東京都杉並区和泉2-26-12
最寄り駅
京王線・京王井の頭線明大前駅 
電話番号
03-3322-7521
生徒数
1265名
特色
-併設校あり -施設が充実 -クラブが活発 -国際人を養成
関連カテゴリ
共学 / ★★★★(偏差値60から70程度まで) / 私立 / 普通科 / 高校名「な」行 / 杉並区 / 京王井の頭線 / 京王線・京王新線

環境 - 学校周辺の環境や校内外の施設

温水プールなどの恵まれた施設

周りは緑も多く、自然環境に恵まれた閑静な住宅地である。1万8243㎡の校地の中に、1〜4号館、6号館(特進棟)の校舎をはじめ、研修館、記念館、修学寮、図書館、体育館が建ち並ぶ。もちろん、全館冷暖房完備だ。広々とした食堂、生徒談話室、温水プール、柔道場、剣道場、トレーニングセンター、テニスコート、人工芝の総合グランド、シャワー室、ロッカー室などを完備し、図書館にはAVコーナー、自習室もある。
そのほか、生物・化学の実験室や物理教室、CAI教室、家庭科調理室、音楽室など、最新の施設が整っている。

カリキュラム - 設置学科やコース、勉強の進め方、教育の特色

コース別指導を強化・徹底

入試の時点で普通コースか特進コースを選択する。それぞれ独自のカリキュラムで授業を行っている。また、2年次からは、それぞれのコースが理系クラス、文系クラスに分かれる。

普通コースは、主に日本大学への内部進学を目標としており、それに対応したカリキュラムが組まれている。日本大学は国内最大の総合大学であり、理系・文系の各学部に加え、文理・芸術・国際関係・生物資源科学・危機管理学・スポーツ科学部等、他の大学にはないユニークな学部への進学が可能である。

また、3年次に一般受験クラスをつくり、他大学への進学実績を伸ばしている。特進コースは、より一般入試に即応したカリキュラムに従い、ハイレベルな教材と質の高い授業で難関大学への現役合格を目指す。予備校のベテラン講師による外部講座もあり、受験生をアシストする。
また、希望者には、日本大学に推薦入学できる道も開かれている。

進路 - 大学や就職先など卒業後の進路

現役進学率の高さを誇る高校

現役進学率は96.8%(28年度卒)、94.6%(29年度卒)、95.7%(30年度卒)と非常に高い。例年、卒業生の約60%~70%が日本大学へ、約30%~35%が他大学へ進学している。日本大学への推薦制度については、付属生を対象とした基礎学力到達度テストの成績が重視される「基礎学力選抜方式」、在籍中の成績・取得資格・課外活動等が重視される「付属特別選抜方式」などがある。

また、他大学への進路実績(過去3年間)として、AO入試、指定校推薦、公募推薦、一般入試等により、東北大、東京工業大、九州大学、横浜国立大、首都大学東京、早稲田大、慶應義塾大、上智大、東京理科大等に現役で進学している。

突撃取材!学校の先生に聞きました!!

入試に向けてこんな準備をしてほしい

教科書を中心にしっかりと勉強してきてほしいと思います。
基礎的な学力を問う問題に加え、高校の学習につながるような思考力、応用力を問う問題をバランスよく出題しています。

学校説明会のおすすめポイント

説明会では、校長挨拶、学校の概要、入試の説明に加え、部活動の生徒が直に質問に答えるコーナーや個別に相談できるブースも設けています。

学校のここに注目してほしい

平成28年度の現役進学率は96.8%。全教室に電子黒板も設置され、平成30年度から一人一台タブレットを持ち、ICT教育で学びが変わります。
Web出願も導入予定です。

私立中学・高校受験ガイド「THE私立」から掲載内容を少しだけお届け!

その他の日本大学鶴ヶ丘高等学校情報

入試情報(2018年度)

試験日 1/22(推薦Ⅰ・Ⅱ)、2/10(一般)
試験科目 面接(推薦Ⅰ)、適性〈国・数・英〉+面接(推薦Ⅱ)、国・数・英+面接(一般)
募集人員 普通推薦Ⅰ/普通推薦Ⅱ:165/若干、普通・一般:165、特進推薦Ⅰ:20、特進・一般:50
受験者数 普通推薦Ⅰ/普通推薦Ⅱ:198/54、普通・一般:419、特進推薦Ⅰ:9、特進・一般:155
合格者数 普通推薦Ⅰ/普通推薦Ⅱ:198/18、普通・一般:373、特進推薦Ⅰ:9、特進・一般:155
競争率 普通推薦Ⅰ/普通推薦Ⅱ:1.0/3.0、普通・一般:1.1、特進推薦Ⅰ:1.0、特進・一般:1.0

アクセスマップ

公式サイト

日本大学鶴ヶ丘高等学校公式サイトはこちら