日本大学第二高等学校の学校情報

多彩な進路目標の実現・明るくおおらかな校風

学校所在地
東京都杉並区天沼1-45-33
最寄り駅
中央線・東京メトロ丸ノ内線荻窪駅 西武新宿線鷺ノ宮駅 西武池袋線中村橋駅
電話番号
03-3391-9700
生徒数
1250名
特色
-自由な校風 -併設校あり -施設が充実 -クラブが活発
関連カテゴリ
共学 / ★★★★(偏差値60から70程度まで) / 私立 / 普通科 / 高校名「な」行 / 中央線 / 杉並区 / 西武新宿線 / 西武池袋線 / 丸ノ内線

環境 - 学校周辺の環境や校内外の施設

広大な敷地と充実した施設

杉並の静かな住宅街に囲まれた緑豊かで4万㎡を超える広大な敷地内には、杉並百景にも選ばれる42本の銀杏並木があり、四季折々の美しい姿を見せ、生徒たちに安らぎを与えている。また、南向きの中学・高校校舎、芸術校舎に理科校舎、武道館やプールに加え、322mの4コースウレタントラックを有した人工芝グラウンドや4面のテニスコート等がゆったりと配置されている。
さらに、2015年には新中学校舎ならびに新図書館が竣工し、更なる教育環境整備・充実が推し進められている。

カリキュラム - 設置学科やコース、勉強の進め方、教育の特色

多彩な進路目標の実現を強力にサポート

中学は、基礎学力の定着を図るため主要5教科に多くの時間を配当している。特に、英語には週6時間を充て、そのうちの1時間はクラスを2分割してネイティブと日本人の先生によるティームティーチングによる少人数英会話の授業を3年間行う。各教科とも、小テストとノートチェックを随時行い、授業内容の復習やノートの取り方の指導を繰り返し徹底し、確かな学力を身につけさせる。

高校では、内進性と外部入学生を混合してクラス編成し、1年では芸術科目と男子武道を除いては、すべてが同一カリキュラムで学ぶ。2年では文系・理系コースに、3年では文系・理系、国公立文系・国公立理系に分かれ、自己の進路や目標に応じた学力の向上を図る。

中高6ヶ年を通じて通常の授業のほかに、補習や講習を随時行っており、基礎学力の定着や大学受験対策は万全。また、担任や教科担当者は生徒達と寄り添うような指導を展開し、個々の目標実現を強力にサポートしている。

進路 - 大学や就職先など卒業後の進路

付属校随一の進学実績

中学から併設高校へは、ほぼ全員が進学。また、高校からは併設の日本大学への推薦入学制度があり、2年次の春・3年次の春および秋の3回に分けて行われる基礎学力テストや在学中の成績によって推薦が決まる。

日本大学の付属校ながら進路選択先は多彩であり、理系選択者の多いのが本校の特徴。日本大学へ進学する生徒は約30%。難関私大の指定校・公募推薦を利用しての進学は約20%。残りの約50%が他大学への進学を目指して一般受験している。

突撃取材!学校の先生に聞きました!!

入試に向けて、こんな準備をしてほしい

日大二高は、本年度創立92周年を迎える「おおらかで明るい」校風の伝統校です。まずは、行事訪問や説明会に参加するなど、実際に学園まで足を運んでみて下さい。笑顔あふれる在校生の姿がご覧いただけます。

入試は、<一般入試>と<推薦入試>とに分かれ、<一般入試>はA志願とB志願の2区分になっています。

<一般入試>のA志願は合格発表当日ないしはその翌日に手続していただくもので、B志願は都立高校第1次募集合格発表日ないしはその翌日に手続する区分です。A志願とB志願の入試問題は同一ですが、例年A志願の合格最低点の方をB志願より15点程度低くして、A志願者を優遇しています。
試験科目は、筆記試験(国語・数学・英語*リスニング含む)と面接です。筆記試験は、各教科ともに受験生の平均点が60点程度になるよう作成していますので、中学校の教科書の範囲をまんべんなく、コツコツと繰り返し学習を積み上げてきた人が結果を出せる内容です。ぜひ、複数年の過去問を繰り返し解いてみて下さい。
面接は、志望理由や入学後の抱負などを伺うもので、3~4人のグループ面接です。難しいやり取りはありません。緊張せずに自身の考えを人前ではっきり伝えられるよう、日常生活から言葉遣いを大切にし、「伝える⇔伝わる」を意識して過ごされるとよいでしょう。

<推薦入試>は単願推薦です。出願資格については、入試要項で確認してください。試験科目は、作文(60分・600字)と面接(10分)です。
作文は、自身の考えを文字にして伝える作業です。目前の入試のみならず、これからどんどん必要とされる社会人基礎力にも繋がっています。考えを文字にすることに怯まず、前向きに練習に取り組んでください。過去3年間の題は、学校案内に載っています。
面接は、個別面接で受験生1名に対して面接者2名で行います。志望理由や入学後の抱負、将来の目標など、やはり緊張せずに、自身の考えを人前ではっきり伝えられるよう、日常生活から言葉遣いを大切にし、「伝える⇔伝わる」を意識して過ごされるとよいでしょう。

学校説明会のおすすめポイント

説明内容

①本校の教育方針の説明
②進路指導および進路動向の説明
③昨年度の入試状況および本年度入試について
④入試問題出題意図等の説明 国語・数学・英語

○今年度の入学試験要項を配布いたします。
○説明会終了後、施設見学・クラブ見学可
○説明会終了後、個別質問コーナーを設けています。
○スリッパをご用意しています。
○会場である記念ホールが満席になり次第、教室にて記念ホールの様子をテレビ中継する形での説明会となりますことをご承知おきください。

日程

説明会名 日時
第一回高校説明会 9月15日(土)14:30~16:00
第二回高校説明会 10月20日(土)14:30~16:00
第三回高校説明会 12月1日(土)14:30~16:00
高校推薦入試説明会 12月15日(土)9:00~12:00
12月16日(日)9:00~12:00
(※)高校推薦入試説明会について

・本説明会は過去の資料をもとに、個人面談形式で、あくまでも合格の可能性について述べるものです。合格確定や内定を出す場ではありません。
・対象は、受験生およびその保護者の方となっております。
・当日は、所属中学校より公立高校出願時の3年次成績が知らされているのであれば、その場でお伝えください。メモや口頭で構いません。ご不明の場合は、3年次1学期の成績をお伝えください。
・本説明会への出欠が、合否に関係することはございませんが、正確な制度理解の上での出願をお願いいたしたく、ご参加をお勧めしております。

学校のここに注目してほしい

歴史と伝統に支えられた学校

日本大学の建学の精神「自主創造の気風」を理念として、1927 年に日本大学の2番目の付属校として開校し、現在までの卒業生総数は42,000人を超えています。

食育に取り組む学校

食事と睡眠は生活の基本であり、知・徳・体の土台であるという認識で健康教育を推進しています。

部活動等諸活動が盛んな学校

中学生93%、高校生89%以上がクラブに加入。その他生徒会活動や委員会活動を通じて先輩後輩との良い関係を築き、友情を深めています。

大学付属校で進学校

日本大学の付属校ながら進路選択先は多彩であり、理系選択者の多いのが本校の特徴です。日本大学へ進学する生徒は約30%、難関私大の指定校・公募推薦を利用しての進学は約20%、残りの約50%が他大への進学を目指して一般受験しています。

恵まれた環境

杉並の住宅地に約40,000㎡の広大な校地。正門を入ると、二高名物、42本の銀杏並木が目に入ります。緑豊かな中に充実した設備を持つ校舎群、これらの校舎を囲む木々や花が豊かなゆとりある学校生活を約束します。

私立中学・高校受験ガイド「THE私立」から掲載内容を少しだけお届け!

その他の日本大学第二高等学校情報

入試情報(2019年度)

試験日 1/22(推薦)、2/11(一般)
試験科目 作文+面接(推薦)、国・数・英+面接(一般)
募集人員 推薦:90、一般A・一般B:90
受験者数 推薦:79、一般A:207、一般B:63
合格者数 推薦:79、一般A:149、一般B:45
競争率 推薦:1.0、一般A:1.4、一般B:1.4

ギャラリー

  • 日本大学第二高等学校ギャラリー

    写真は中学校のものです

  • 日本大学第二高等学校ギャラリー

    人工芝のグラウンド

  • 日本大学第二高等学校ギャラリー

    秋の銀杏並木

アクセスマップ

公式サイト

日本大学第二高等学校公式サイトはこちら