拓殖大学第一高等学校の学校情報

GMARCH 以上に300名超合格 充実した施設で楽しい学園生活 幅広い視野の国際理解教育

学校所在地
東京都武蔵村山市大南4-64-5
最寄り駅
西武拝島線・多摩都市モノレール 玉川上水駅
電話番号
042-590-3311・3359
生徒数
1232名
特色
-進学に有利 -施設が充実 -クラブが活発 -国際人を養成 -駅から近い
関連カテゴリ
共学 / ★★★★(偏差値60から70程度まで) / 私立 / 普通科 / 高校名「た」行 / 西武拝島線 / 武蔵村山市 / 多摩都市モノレール

環境 - 学校周辺の環境や校内外の施設

緑に囲まれた最新の教育環境

西武拝島線&多摩都市モノレール「玉川上水」駅から徒歩3分の好立地。閑静で豊かな自然に囲まれた地に最新の施設を備えた未来型の校舎だ。ゆとりのある図書室をはじめ、500名収容の多目的ホール、最新設備のコンピュータ教室、サテライト教室、自習室など、随所に学習スペースがあり、勉学に集中できる環境が整っている。

また、すべての室内競技の公式試合が行える体育館や設備の整ったトレーニングルームなど運動施設も充実。新しく人工芝のグラウンドとテニスコートが完成した。ほかにも、カフェテリアやウッドデッキのパティオなどもあり、楽しい高校生活が満喫できる。

カリキュラム - 設置学科やコース、勉強の進め方、教育の特色

進路希望に沿った2コース制

特進コースでは、国公立大学・最難関私立大学への現役合格を目指す。
○一人ひとりに対応した学習環境…少人数クラスできめ細やかな対応。生活の記録を実施し、一人ひとりの生活や学習状況を把握する。
○個を伸ばす授業展開…国公立大学、難関私立大学の入試を念頭に置いた授業を展開。夏期・春期集中授業のほか3年夏には志望校別対策講座を実施。
○意識を高める進路指導…1年次に東京大学オープンキャンパスや校内実施の大学説明会に参加。
○受験生へと切り替える仕組み…2年次の冬に勉強合宿を行い、2年生の3学期を3年0学期と意識させる。
○特進コースのみを対象とした奨学生制度…平成28年度は特進コース3学年全体で18名を認定。

普通コースでは、難関私立大学への現役合格を目指す。
○難関私立大学から拓殖大学まで…多様化する生徒の志望に合わせて、2年次には6種類のクラスに分かれ、一人ひとりの志望に応じた授業展開および進路指導を行う。
○進路に対応した選択科目…それぞれの志望に対応できるように、選択科目を設定。
○第一志望をしっかり考えさせる進路指導…2年次の後半に生徒一人ひとりが第一志望届を提出。
○クラブも最大限…大学受験を目指しながら、積極的にクラブ活動に参加する生徒を全力で応援。

進路 - 大学や就職先など卒業後の進路

伸びる進学実績

平成29年度春の進学実績は、国公立大学30名、早慶上智理科大55名、GMARCH305名合格。

突撃取材!学校の先生に聞きました!!

入試に向けてこんな準備をしてほしい

数学

例年、大問7問構成。
  • 大問1…計算問題
  • 大問2…方程式
  • 大問3…小問集合
  • 大問4~7…関数、図形が2題ずつ

大問1から3で50%程度の得点ができる。基本的な計算をどれだけミスなく解けるかが重要。

英語

出題傾向

文法…アクセント問題、会話問題、書き換え、並び替え、正誤問題
長文…論説文、小説文 例年2題

対策

文法問題はオーソドックスな問題が多い。
長文は普段から比較的長めの文を読んでおくとよい。指示語や論理展開(butなど)に注意して読む。

国語

例年、3題が大問として出題。
  1. 漢字の問題(漢字検定3級レベル)
  2. 現代文の読解問題
    評論、論説文が多い。課題文は長めで、記述問題が必ず1題以上出題。
  3. 古文の読解問題
    平安・鎌倉時代の作品が多い。
    小説読解的な文章読解力が求められる。
    知識問題、記述問題は必ず出題している。

学校説明会のおすすめポイント

はじめに、校長、進路部長、学習指導委員長から本校での学習や進路指導についての説明があり、その後入試部長から本校の入試制度(基準等)の説明をさせていただきます。
全体説明会終了後には、教員との個人相談会を設けております。

また、当日は校舎やグラウンドの見学をご自由にしていただけますので、是非、自慢の校舎と人工芝などをご覧にいらしてください。

学校のここに注目してほしい

西武拝島線、多摩都市モノレール「玉川上水」駅から徒歩3分の通いやすい立地です。
ゆとりある図書館に、500名収容できる多目的ホール、すべての室内競技の公式試合が行える体育館に、自習スペースとしても使える広々としたカフェテリアなどがあり、恵まれた環境の中で3年間を過ごすことができます。

2017年、グラウンドとソフトテニスコートが人工芝になり、より運動しやすい環境になりました。

また、国際理解教育として、希望者を対象に3種のプログラムを用意しております。ニュージーランドでは約3週間の夏期語学研修を行うほか、提携校との長期交換留学制度を設定しています。また、オーストラリアでは10週間程度のターム留学を実施しています。

2018年、1学年の生徒全員を対象に、年3日の英語でのディスカッションプログラムを開始いたしました。少人数のグループに英語話者の外部講師がつき、英語でのコミュニケーションを推進しています。

是非本校に足をお運び頂き、一度校内の様子を見ていただければと思います。

私立中学・高校受験ガイド「THE私立」から掲載内容を少しだけお届け!

その他の拓殖大学第一高等学校情報

入試情報(2018年度)

試験日 1/22(推薦Ⅰ・推薦Ⅱ)、2/10(一般Ⅰ)、2/12(一般Ⅱ)
試験科目 作文+面接(推薦Ⅰ)、適性検査〈国・数・英〉+面接(推薦Ⅱ)、国・数・英+面接(一般)
募集人員 推薦Ⅰ/Ⅱ:160、一般Ⅰ/Ⅱ:240
受験者数 推薦Ⅰ/Ⅱ:143/71、一般Ⅰ/Ⅱ:1166/672
合格者数 推薦Ⅰ/Ⅱ:143/67、一般Ⅰ/Ⅱ:1091/592
競争率 推薦Ⅰ/Ⅱ:1.0/1.1、一般Ⅰ/Ⅱ:1.1/1.1

※ 推薦Ⅰの特進コースと普通コース奨学生は適性検査あり

アクセスマップ

公式サイト

拓殖大学第一高等学校公式サイトはこちら