広尾学園高等学校の学校情報

自律と共生 充実したサイエンス教育、英語教育、国際教育

学校所在地
東京都港区南麻布5-1-14
最寄り駅
日比谷線広尾駅 山手線品川駅・目黒駅・新宿駅 総武線千駄ヶ谷駅 
電話番号
03-3444-7272
生徒数
847名
特色
-進学に有利 -施設が充実 -国際人を養成 -駅から近い
関連カテゴリ
共学 / ★★★★(偏差値60から70程度まで) / 私立 / 普通科 / 高校名「は」行 / 山手線 / 港区 / 総武線 / 日比谷線

環境 - 学校周辺の環境や校内外の施設

豊かで安心できる教育環境

大使館が建ち並ぶ国際感覚溢れる広尾の街に佇む本学園。最新設備と快適な教育環境を提供する9階建ての新校舎が平成24年9月に完成。ICT先進校として全国に知られており、インターナショナルはMac Book Pro、本科はiPad、医進・サイエンスはChrome Bookを学園生活の中で活用している。校内全域でWiFi環境が整備されており、生徒たちが運営するICTルームには7台の3Dプリンターと大型レーザーカッターが設置されている。

カリキュラム - 設置学科やコース、勉強の進め方、教育の特色

最強の『P・L・T』個別指導システム

理数科目と英語を特に強化したカリキュラム編成により、“理系に強い”生徒の育成を目指す。中学も高校も2年までに主要教科は終了させる。中学1年次の最初の中間試験から、センター試験や難関大学の入試問題に取り組み、それぞれの学年で無理のない形での受験対策を積み重ねる仕組みができている。

中学でのP.L.T.学習プログラムの時間に取り組む課題は一人ひとりの学習進度に応じてプログラムされており、基礎学力を育成する。

高校2年次からは、希望進路に応じた実戦力を養成することに重点が置かれ、確実な合格力を身につける。

毎学期、教員研修が徹底して行われ、授業及び受験指導のレベルはきわめて高い。強力な学習プログラムで、生徒たちの“やる気”を刺激しながら確実な基礎学力を身につける。

進路 - 大学や就職先など卒業後の進路

強いマインドの育成で将来の夢を実現

入試で必要となる学力はもちろんのこと、これからの時代に求められる資質としての問題解決能力が、社会経験的な学習を通して身につくように指導している。
主な進学大学は、東京大、東京工業大、筑波大、京都大、早稲田大、慶應大、上智大、東京理科大、ICUなど。

私立中学・高校受験ガイド「THE私立」から掲載内容を少しだけお届け!

その他の広尾学園高等学校情報

入試情報(2018年度)

試験日 2/10(第1回)、2/14(第2回)
試験科目 国・数・英+面接(医進・サイエンス、本科)、国・数・英〈数・英は英語による出題〉+面接〈英語・日本語〉(インターナショナル)
募集人員 第1回:10/10、第2回:10/10
受験者数 第1回:108/63、第2回:83/60
合格者数 第1回:26/14、第2回:27/13
競争率 第1回:4.2/4.5、第2回:3.1/4.6

※人数はすべて医進・サイエンス/本科 ※インターナショナルコースの募集は若干名 ※他に、若干名の国際生入試(12/19・12/20)あり

アクセスマップ

公式サイト

広尾学園高等学校公式サイトはこちら