工学院大学附属高等学校の学校情報

21世紀型教育を実現する理工系に偏らないグローバルなカリキュラム

学校所在地
東京都八王子市中野町2647-2
最寄り駅
JR八王子駅 JR・小田急線・京王線 新宿駅 京王線北野駅 京王線南大沢駅 JR・西武拝島線拝島駅  
電話番号
042-628-4911
生徒数
980名
特色
-進学に有利 -併設校あり -施設が充実 -国際人を養成
関連カテゴリ
共学 / ★★★(偏差値50から60程度まで) / 私立 / 普通科 / 高校名「か」行 / 山手線 / 横浜線 / 中央線 / 中央本線 / 埼京線・川越線 / 八高線 / 総武線 / 湘南新宿ライン / 八王子市 / 京王線・京王新線 / 小田急小田原線 / 西武拝島線 / 都営新宿線 / 都営大江戸線

環境 - 学校周辺の環境や校内外の施設

最先端の教室で学ぶことができる

学園都市・八王子市の北部に位置し、閑静で緑の多い環境に恵まれている。平成18年に天体観測ドーム付きの高校校舎が完成し、蔵書が豊富な図書館閲覧室、二層構造の体育館がある。全HR教室に電子黒板・Wi-fiが設置され、中学はiPad、高校はパソコンを使って双方向型の授業ができる。

カリキュラム - 設置学科やコース、勉強の進め方、教育の特色

理工系のみならず文・理系にも対応

大学附属校だが、他大学の受験も積極的に奨励、多数は他大学進学である。平成27年4月より、進展するグローバル化の中で、世界に通用する21世紀型スキルを身につけた生徒を育成するため、「ハイブリッドインターナショナルクラス」「ハイブリッド特進クラス」「ハイブリッド特進理数クラス」を中学より開設。

高校からの入学生はハイブリッド4コース制となる。旧文理コースは「ハイブリッド文理コース」、旧文理特進コースは「ハイブリッド先進コース」と名称が変わる。他「ハイブリッドサイエンスコース」、「ハイブリッドインターナショナルコース」と、特色のある4コース体制がスタート。

進路 - 大学や就職先など卒業後の進路

併設校に推薦入学  他大学進学も奨励

卒業生の約30%が工学院大学へ優先入学する。指定校推薦枠のある上智大などをはじめ、他大学への進学も多岐にわたる。また、中高一貫生やハイブリッド文理先進コース生と合わせ、難関大学の合格実績が向上した。
工学院大学への優先入学制度は、同大学の推薦入学資格を持ちながらも、国公立私立大学受験が可能。

突撃取材!学校の先生に聞きました!!

入試に向けてこんな準備をしてほしい

事前に過去の入試問題を必ずチェックしましょう。インフルエンザ等にかからないよう、しっかり体調を整えて試験に臨んでください。

学校説明会のおすすめポイント

毎回、生徒自身によるプレゼンテーションが行われます。学校生活の様子を肌で感じてください。

学校のここに注目してほしい

2018年4月より、新4コース体制「ハイブリッド文理先進コース」「ハイブリッド文理コース」「ハイブリッドサイエンスコース(医歯薬理工)」「ハイブリッドインターナショナルコース」がスタートします。

ICT教育を推進し、対話型授業や問題解決型授業で、21世紀型教育を展開。多様化する世界に目を向け、グローバルリーダーを養成します。

私立中学・高校受験ガイド「THE私立」から掲載内容を少しだけお届け!

その他の工学院大学附属高等学校情報

入試情報(2018年度)

試験日 1/22(推薦)、2/10(一般第1回)、2/12(一般第2回)
試験科目 作文+面接(推薦)、英+英語面接または思考力テスト+面接または国・算・英〈サイエンスコースは数・英・理〉+面接(一般)
募集人員 インターナショナル:5/5/5、サイエンス:5/5/5、文理:55/60/25、文理先進:10/15/5
受験者数 インターナショナル:2/3/1、サイエンス:6/24/4、文理:36/138/20、文理先進:6/52/8
合格者数 インターナショナル:2/3/1、サイエンス:6/24/4、文理:6/137/20、文理先進:6/52/8
競争率 インターナショナル:1.0/1.0/1.0、サイエンス:1.0/1.0/1.0、文理:6.0/1.0/1.0、文理先進:1.0/1.0/1.0

※人数はすべて推薦一般/第1回/第2回 ※文理コースの推薦は、文化・スポーツ特別枠を含む ※他に、帰国生入試(12/3・1/7)あり

ギャラリー

  • 工学院大学附属高等学校ギャラリー

アクセスマップ

公式サイト

工学院大学附属高等学校公式サイトはこちら