富士見高等学校の学校情報

この学校は、高校募集を行っておりません

「進路希望の実現」と同様に「人間性の育成」を重視するバランスの取れた教育を実践

学校所在地
東京都練馬区中村北4-8-26
最寄り駅
西武池袋線中村橋駅
電話番号
03-3999-2136
生徒数
681名 女子681名
特色
-進学に有利 -施設が充実 -クラブが活発 -国際人を養成 -駅から近い
関連カテゴリ
女子校 / ★★★★(偏差値60から70程度まで) / 私立 / 普通科 / 高校名「は」行 / 練馬区 / 西武池袋線

環境 - 学校周辺の環境や校内外の施設

駅徒歩3分の好アクセス  万全のセキュリティ

西武池袋線「中村橋」駅から徒歩3分と好アクセス。中央線「阿佐ヶ谷」や「荻窪」からはバスで20〜30分ほど。

2020年の80周年記念事業の新校舎建築として、最後の図書館棟が2018年秋にオープン。探究活動の基礎となる問いの立て方、情報の探し方、本の読み方を学び、生徒の協働学習やプレゼンの場となる独立型の図書館棟は「知の中心」となるように、『Learning-Hub(通称えるはぶ)』と呼ばれ、様々な教科と支援・連携するハブの役割を担っている。さらに、学校の中心にあって明るくオープンした雰囲気の進路室、地下の温水プールなど、いずれの施設も活用度が高い。

また、全教室には無線LANが入っておりプロジェクターが備わっている。校内には60余点の一流芸術家の絵画・彫刻が飾られており、日常的に本物の芸術に触れることができる。2015年には教室棟、2017年には理科実験室や音楽室、美術室などを含む特別施設棟と人工芝のグラウンド、そして図書館棟が完成し新校舎建築が終了。

カリキュラム - 設置学科やコース、勉強の進め方、教育の特色

富士見的探究 と多文化交流

「自分・人・課題に向き合う力」を17の力に分類し、それぞれの力ごとに7段階の基準を設定。到達度が一目でわかるルーブリック表を利用し、生徒は授業の始まりや振り返り時に自分の現状を把握し、主体的に目標を設定して取り組む。

富士見的探究学習では学年ごとに目標とする学習テーマを設定し、「課題の設定→情報の収集→整理・分析→まとめ・表現→振り返り」のサイクルを繰り返し、長期的に取り組むことによって、「17の力」を育む。その学びの集大成が中学3年で取り組む「卒業研究」。中2の春にテーマを設定し、中3の6月には教員との面接を実施。そこでは一切のアドバイスはせず生徒に気づかせることを目的とする。9月の文化祭での卒研本発表では来校者から の多くのコメントをフィードバックし、2月のポスター発表を経て、最後の振り返りを行う。そのプロセスで周りからの刺激をたくさん受けながら「17の力」を鍛えていく。

多文化交流の面では、希望者を対象とするアメリカ・オーストラリアのホームスティを はじめ、NZへのターム留学・1年留学、台湾教育旅行も実施。また、ここ数年、校内でも多文化交流をできる機会を積極的に設けている。毎日の学校生活がまさにグローバル体験となり、これらの様子はHPで毎月1回「多文化交流通信」で発信される。

進路 - 大学や就職先など卒業後の進路

著しい進学実績の伸び  抜群の現役合格率

国公立、早稲田・慶應・上智・立教・明治といった難関私立大学への現役合格者数は、著しい伸びを見せている。また、国公立大学の合格者数も増えている。

2018年春の卒業生は91.1%が4年制大学へ進学。指定校推薦も、早稲田・慶應・立教・明治・東京理科など約110校あるが、一般受験でさらに上を目指す傾向が強い。

私立中学・高校受験ガイド「THE私立」から掲載内容を少しだけお届け!

その他の富士見高等学校情報

アクセスマップ

公式サイト

富士見高等学校公式サイトはこちら